このエントリーをはてなブックマークに追加

のれんのいろいろな仕様Part.4 「各割れの丈・幅」

2018年06月06日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

ハクロマークのある兵庫県は昨日から雨が降り続いております。
そして、本日梅雨入りが発表されました。

毎年、梅雨になると洗濯乾燥機が欲しくなるのですが
今の洗濯機が使えなくなるまでは我慢しようと思い
日々、乾かない洗濯物と闘っております。

乾燥機がなくても早くすっきり乾く方法をご存知の方は
ハクロマーク長倉までご一報を。冗談です(笑)

さて、「のれんのいろいろな仕様」シリーズですが、第4弾…

ネタが尽きたと思いきや…ありましたよ〜!

過去3回に亘って
「関東風のれんのチチ」
「スリットの長さ・重なり」
「関西風のれん袋加工の切り込み」

とご紹介して参りましたが、今回は

「各割れの丈・幅」についてお届け致します。

まずは、「各割れの丈」からご紹介させていただきます。

皆様、のれんを掛けられる場所は様々かと思いますが
目隠しにのれんを掛けたいけど、よく通る場所はのれんが長いと邪魔…
なんてことありませんか?

そんな時は、こんな仕様はいかがでしょうか!
こちらをご覧下さい。
のれん各割れの長さ

真ん中だけ短くしてみました。
もちろん、真ん中ではなく、右を…左を…両端を…
なんなら全部違う丈に…(それはないですかね?(笑))

とにかく、用途に合わせてそれぞれの丈は変更可能です。
その場合、別途料金はかかりませんが
一番長い割れの丈でお見積もりをさせていただくことになります。

続きまして、「各割れの幅」のご紹介です。

こちらをご覧下さい。
のれん各割れの幅
左端の文字が割れをまたいで、途中で分かれてしまいます。
このような場合は多々ありますが、これが気になる…
でもこれ以上文字を小さくしたくない…

という場合はこちら
のれん各割れの幅
左端の割れの幅を文字に合わせて広くしました。
その分、真ん中と右端の幅が狭くなってしまいますが
文字が切れるよりはいい…という方は
このような方法もありますので、お試しくださいませ。

さて、シリーズ化しております「のれんのいろいろな仕様」。
第4弾もなんとかお届けすることが出来ましたが
第5弾…あるのか!ないのか!乞うご期待!!

以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html

<関連記事>
のれんのいろいろな仕様Part.1 「関東風のれんのチチ」
のれんのいろいろな仕様Part.2 「スリットの長さ・重なり」
のれんのいろいろな仕様Part.3 「関西風のれん袋加工の切り込み」



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

のれんのオーダーで不安な点

2018年05月30日
皆さんこんにちは。
オーダーのれんドットコムの小形です。

インターネットで買い物ができるようになってからもう10年以上は経ち、
私はなんでもネットで済ませるようになってしまいましたが
まだまだネットで、しかものれんのようなオーダーの品物を買うのは
不安だという方もいらっしゃると思います。

オーダーのれんドットコムでは購入されたお客様から、ご不安に思われた点をお聞きしていますが、

・色が思った通りになるか不安だった
・生地の質感がどういうものかネットではわからなかった

やはりこういったお声を戴くことが多いです。

そんな不安を解消するために
各種生地と色の目安がわかる生地サンプルを差し上げています。

https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html
こちらのフォームから必要事項を記入していただくと

オーダーのれんドットコムの生地サンプル帳1
オーダーのれんドットコムの生地サンプル帳2
このようなサンプルを配送いたします。
こちらのサンプルは無料ですので、
少しでも不安に思われる点があれば是非お取り寄せください。

また、もっと大きなサイズで見たい、
のれんの仕上がりがどういう感じになるか知りたいといったお声もありましたので
のれんの現物貸し出しも行っています。
こちらは返送していただく必要があり、その分の料金だけはいただいております。

さらにそんな貸し出し用のれんですが、
新たに現物として見られる生地のラインナップが増えました!

今まではバンテン・ポプリン・麻風スラブの生地のみでしたが、
今回からは新たにカツラギ・オニチリメン・トリコット、
麻風生平・帆布・厚手スラブの6生地がサンプルに加わっています。

新貸し出し用現物のれん

このサンプルでオーダーのれんドットコムで取り扱っている生地の大多数は
現物として確認できるようになりましたので
興味のある方は上記のフォームからお気軽にお問い合わせください。

以上オーダーのれんドットコムの小形でした。

関連記事
透け感のある生地「トリコット」



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

イラストレーターの不思議なエラーと、その解決方法

2018年05月17日
オーダーのれんドットコム、原稿担当の小林です。

デザインをしていく上では、
必須アイテムとなるイラストレーター。

バージョンが新しくなるに従って、
その使い勝手はどんどん良くなっています。

でも、たまに「なんで?」と思うような
不思議なエラーが起きることはないでしょうか?


今回は、そんなエラーの
簡単な解決方法をご紹介させていただきます。


↓↓↓

◆episode1

選択機能で同色のみを選んでいるはずなのに、
カラーパレットが「?マーク(複数色)」の表示になることがある。








はい。これ、あるあるですよね。
(そうでもない?)


誤って別の色もクリックしてしまったのかと
その範囲を探してみますが
特に原因となるような箇所は見当たりません。

ですが、実はこれ「余分なポイント」というものが邪魔をして
あたかも、複数色選択しているかのような表示をさせているのです。

余分なポイント、とは「孤立点」のこと。
孤立点とは、文字ツール等の余分なオブジェクトのことです。

選択範囲→オブジェクトをクリックしてみてください。
一気に全ての孤立点が選択されました。
これを削除すれば、もうカラー(塗り)選択で
複数色選ばれているかのような表示をすることは無くなります。




◆episode2

アートボード上のデータを、1枚印刷したいだけなのに
なぜか複数枚出てくる。







これも不思議です。
印刷設定は「部数1」となっているはずなのに・・・。

そんな時はアートボードを見てみましょう。
アートボードが2枚あるという表示がなされています。

どこに?と思われるかもしれませんが
実は、キレイに2枚が重なっていました。

下に重なっている不要なアートボードを削除すれば、
通常どおり印刷は1枚で出てきます。


どれも簡単に解決できることなのですが、
解決法が分からなくて困ることって多々ありますよね。

お客様がデータを作られる中で
何か分からないことがございましたら
お気軽におっしゃって下さい。

もしかしたら解決できることもあるかもしれません。
よろしくお願い致します。

以上、オーダーのれんドットコム
原稿担当の小林でした。





店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

のれんのいろいろな仕様Part.3 「関西風のれん袋加工の切り込み」

2018年05月09日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

前回のブログで、来月にはもう「暑い暑い」と言っているでしょうね。
なんて言っていましたが、そうでもないですね。
といいますか、とにかく寒暖の差が激しすぎますね。
昨日もニュースを見ていると、コートを着てマフラーをしている人もいれば
半袖の人もいるという、なんとも奇妙な光景が流れていました。

この時期は寒暖差による疲れ、体調不良などが多くなるようですので
皆様、しっかりと体調管理をして乗り切りましょう!

さて、前回、前々回と「のれんのいろいろな仕様」と題しまして
「関東風のれんのチチ」 
「スリットの長さ・重なり」
についてお話させていただきましたが
今回、第3弾は「関西風のれん袋加工の切り込み」についてです。

まずは、関西風と関東風の違いを簡単にご説明します。

上記の通り、関西風は筒状に縫い上げる「袋加工」
関東風は、本体と同じ生地で作った
チチと呼ばれるものをわっかにして縫い付ける「チチ付け加工」


これが関西風と関東風の違いになります。

そして、関西風のデメリットをひとつあげるとすると
これは、横幅が3mを越えるような大きなのれんの場合ですが
当然のれん棒も長くなりますので、しなってしまう事があります。

その場合の対処法としまして、のれん棒の中央辺りを
ロープや紐で支える(吊り上げる)方法があります。
(下記参照)

チチの間が開いている関東風は、この方法が可能ですが
袋状で間が開いていない関西風は、それが出来ません。
ですので、横幅が長いのれんをご希望の場合は
関東風の方が向いているかもしれません。

ですが…
横長だけど関西風の方がいい!という場合にひとつご紹介できる方法があります。
それがこちら↓↓↓

袋加工の真ん中に切り込みを作る方法です。

拡大するとこんな感じになります。



赤丸部分のみどうしてもヒートカットで切りっ放しになってしまいますが
他の部分は三つ折り縫製で仕上げますので強度などは問題ありません。
切り込みの幅もご希望のサイズで仕上げさせていただきます。

これにより、真ん中で吊り上げることが可能になりますので
横長だから関西風は無理か〜といった問題は解消されますね♪
こちらの加工は追加料金が発生しませんので
気になられた方はお気軽にお問い合わせ、お試しください。

以上、「のれんのいろいろな仕様」第3弾
「関西風のれん袋加工の切り込み」についてお届け致しました。

次回、第4弾は…と言いたいところですが、思いついておりません(汗)
1ヶ月かけて何か探しておきますので、期待せずにお待ちくださいませm(_ _)m

以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html

<関連記事>
のれんのいろいろな仕様Part.1 「関東風のれんのチチ」 
のれんのいろいろな仕様Part.2 「スリットの長さ・重なり」



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

画像の一部だけ色を変更したい、そんな時は

2018年05月02日
みなさんこんにちは。オーダーのれんドットコムの小形です。

商品の写真を撮影したけど一部だけ色を変更したい
でも再度撮影するのは面倒orお金がかかる
そんな経験はありませんか?

今回は手元にある写真とPhotoshopを使って上記の問題を解決してみたいと思います。

用意するもの

・色を変更したい写真
・Photoshop (バージョンはCCが望ましいですが、CS6でも同じことが出来るのを確認済みです)


こちらのマカロンの写真を使って作例を紹介します。
一番上の紫のマカロンをもっと水色っぽい色にしてみましょう。


最初に紫のマカロン部分だけ編集できるように切り抜きます。
クイック選択ツールを使い紫のマカロンの辺りを何度かカチカチクリックすると切り抜けます。
念のため選択部分で右クリックをして別のレイヤーにコピーしておきましょう。


切り抜きが出来たら次は上部メニューバーの「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「色相・彩度」の順番にクリックします。


するとこのようなダイアログボックスが出てくるので
下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成の所にチェックを入れてOKします。


すると色相・彩度を調整できるウインドウが出てくるので、
色相バーを左右にスライドさせてお好みの色に調整します。


これで完成です。

色相・再度の調整はメニューバーの編集の方からも可能ですが、
そちらの方は元の画像そのものを編集してしまい、もし後から色を戻したい場合難しいので
できればレイヤーの調整レイヤーから行う方がオススメです。

「色相・再度」の他にも色を変更する方法は他にもたくさんありますが、
私のイチオシは「グラデーションマップ」です。
上部メニューバーの「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「グラデーションマップ」で
先ほどと同じように調整用のレイヤーを作成します。

グラデーションマップは
画像の濃淡に合わせてユーザーが指定したグラデーションの色へと置き換える機能になります。


青空風のグラデーションを適用するとこのような具合に。

影の部分を明るい色に置き換えるとハロウィンっぽい?雰囲気になったりします。

この機能を使えばハイライトの部分に少しだけ赤みを足したり、影の部分の青みを増したりと
色相・彩度の調整では難しいライティングのカラーを演出するのに向いています。


また調整レイヤーは不要な部分を消しゴムで消すこともできるので
元の画像の色味と、調整レイヤーの色味を同時に出すこともできます。

このようにPhotoshopを使えばある程度無茶な色変更も可能になります。
「画像の調整」と書くとなんとなく難しそうに思えますが、やってみると案外簡単にできてしまいますよ!

以上、オーダーのれんドットコムの小形でした。

関連記事
もうすぐお正月☆食品を美味しそうに見せる画像補正の方法をご紹介!
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000142.html



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村
< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
2019年 03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事