このエントリーをはてなブックマークに追加

のれんができるまで 〜昇華転写〜

2018年07月18日
みなさんこんにちは。
オーダーのれんドットコムの小形です。

オーダーのれんドットコムで製作されているのれんは
「昇華転写機」という機械を使って製造しています。

この昇華転写機、あまりなじみのない機械だと思いますが
昇華転写機には大きく分けて二つのタイプがあります。

一つは輪転型と呼ばれるタイプで、
ロール状に巻かれた生地を機械を通して転写していくタイプのものです。
こちらの方は片面しか印刷できませんが、最大生地の1反ロールの長さ(大体50m前後)まで
出力しようと思えば可能です。

もう一つは平型と呼ばれるタイプで、
大きな台の上に生地をのせ、その上に熱板を押し当てて転写をします。
弊社にある昇華転写機は平型タイプです。

輪転型・平型それぞれメリットがありますが
平型は、生地の両面に転写ができ、しっかりと染まって見えるというのが大きなメリットです。
両面がしっかり染まることにより、輪転型で出力されたものよりもクオリティが一段高く見えます。

ただし一回一回、手作業で生地や転写メディアをセットする必要があるので
輪転型とくらべて製作に手間・時間がかかるのがデメリットです。

今回はそのような平型の昇華転写の作業工程を紹介します。

転写紙
転写紙と呼ばれる昇華転写用の紙に、出力されたのれんのデザインを転写台に広げます。

転写紙と生地を挟んだ画像
その紙に生地を挟みます。
この時表と裏の位置がズレないように、神経をとがらせて両面の絵柄を合わせます。
ここが一番緊張します。
一連の工程が終わったらプレスをかけます。

完成品
できあがり。

あとはこの生地をカットして、縫製作業に移ります。
縫製作業は以下の記事に詳しく書いてありますので
興味がありましたら、ご参照ください。

以上オーダーのれんドットコムの小形でした。

関連記事
縫製の種類〜のれんの作り方Part1〜
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000199.html

のれんの作り方Part2
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000200.html


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

Illustratorの白矢印と黒矢印

2018年07月11日
こんにちは。オーダーのれんドットコムの小林です。

先週の豪雨は大変でしたね。
姫路も交通網がストップしてしまう、
川が氾濫するなど、大きな被害を受けました。

皆様もご無事でしたでしょうか?
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

今回は、意外と戸惑ってしまう?!
イラストレーターの黒矢印と白矢印の使い分けについてご紹介させていただきます。

イラストレーターには3つの矢印があります

1.選択ツール(黒矢印)
2.ダイレクト選択ツール(白矢印)
3.グループ選択ツール(白矢印+)

簡単に説明すると
1.選択ツールは、「グループ化された全てのオブジェクトを選択したい時」

2.ダイレクト選択ツールは、「オブジェクトの中の一部分を選択したい時」

3.グループ選択ツール「グループ化されたひとつの固まりのみを選択したい時」

以上のような、使い分けがあります。

このように使うと便利ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓

「選択ツール」は
グループ化されたオブジェクト(ニコちゃんマーク)を、その形のまま移動させることができます。



「ダイレクト選択ツール」は
一部分のオブジェクト(ニコちゃんマークの眉)を変形させることができます。


「グループ選択ツール」は
一部分のオブジェクト(ニコちゃんマークの眉毛)の位置のみを動かすことができます。



以上の使い分けがスムーズにできるようになると、
作業効率もグッと上がります!!
便利機能ですので、是非とも覚えて使っていって下さいね。

オーダーのれんドットコムの小林でした。

イラストレーターに関する関連記事はこちら
↓↓↓

アウトラインのかけ忘れにご注意!
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000238.html

リンクが繋がっているのにリンク切れ!? 他のパソコン環境でもリンク切れをなくす方法
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000176.html

一見同じ絵柄でも…
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000173.html



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

のれんのいろいろな仕様Part.5 日除けのれん「上下の加工を替える」「ハトメの追加」「強風対策」

2018年07月04日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

ワールドカップ、熱かったですね!!燃えましたね!!悔しかったですね。
日本、半端ないって!笑
まだそんな余韻が残る中お仕事をされている方もいらっしゃるのでは…
ワールドカップは日本中がひとつになってる感じがすごくいいですよね。

そんな日本列島、まだ梅雨が明けていない所がほとんどですね。
今朝なんて、ここ室内プール?と思うほど湿度がすごかったです。

梅雨が明けたら明けたであつーい夏。
暑いですが、夏はまつり、花火大会、バーベキュー
海や川遊びなど楽しい事が多いですよね♪

皆様、夏バテなどしないように楽しく夏を乗り切りましょう!!

では、「のれんのいろいろな仕様」第5弾、いきましょう!

これまで
「関東風のれんのチチ」
「スリットの長さ・重なり」
「関西風のれん袋加工の切り込み」
「各割れの丈・幅」
とお届けしてきましたが、今回は日除けのれんについて
「上下の加工を替える」「ハトメの追加」「強風対策」をお届け致します。

まずは、「上下の加工を替える」について。

のれんと同様、日除けのれんにも関西風と関東風があります。
のれんと違う点は、上部だけでなく下部も袋加工or
チチ付け加工をするという所になります。
そして、標準は上下共に同じ仕様になります。

ですが、袋加工にしたいのに
のれん棒をかける場所の都合などで袋加工では使えない…
といった場合にお客様が選ばれる方法がこちら
袋加工とチチ加工
上部は関東風のチチ付け加工、下部は関西風の袋加工という仕様です。
これで問題は解決ですね。

続きまして「ハトメの追加」

こちらは、日除けのれんを紐でもしっかり固定したいという場合の対処法です。
日除けのれんハトメ
上記のようにハトメを追加することで紐を取り付けられるので
壁側にくくりつけてしっかりと固定することができます。

そして、3つ目「強風対策」

こちらは以前、日よけのれんの強風対策は?←こちらのブログで紹介されていますが
下の写真のように真ん中にスリットをいれることで風の影響を少しでも軽減することが出来ます。
日除けのれんスリット
日除けのれんスリット補強
このようにスリットを入れた両端はレザーで
補強しておりますので生地が裂けてくる心配もありません。
設置場所が風当たりがきつくて困っているという方は是非お試しください。

以上、第5弾も無事お届けすることが出来ました。
第6弾…お楽しみに…。

オーダーのれんドットコムの長倉でした。

日除けのれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/hiyokemaku/index.html

<関連記事>
のれんのいろいろな仕様 Part.1「関東風のれんのチチ」 
のれんのいろいろな仕様 Part.2「スリットの長さ・重なり」
のれんのいろいろな仕様 Part.3「関西風のれん袋加工の切り込み」
のれんのいろいろな仕様 Part.4「各割れの丈・幅」
日よけのれんの強風対策は?



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

のれんの生地のラインナップについて

2018年06月27日
みなさま、こんにちは。初めまして♪
わたくし、ハクロマーク製作所 電話応対窓口の鶴村です。

本日より新たに、「オーダーのれんドットコム」のブログメンバーとして、
月1回程、参加させていただきます!

ブログを書くのは、ほぼ初めてですが、みなさまに何かしら、
お役に立つ情報をお届けできればと思っています!
どうぞよろしくお願いします♪

日頃、お客さまからのお電話をお受けしていると、
「のれんを作りたいが、どの生地を選んだらいいのか分からない。」
というお問合わせをいただくことがあります。

私がハクロマークに入社して、いつの間にやら5年半が経ちました(びっくり!)。
私が入社した頃、のれんの生地のラインナップは、

1.ポプリン / 2.バンテン / 3.麻風スラブ

の、3種類だけでした。

それが何と今では、

4. 鬼ちりめん / 5.厚手スラブ / 6.麻風生平 / 7.トリコット / 8. 撥水クロス

の、8種類に増えています。

※2019.4月現在、「5.厚手スラブ」は欠品中、2019.5月入荷予定です。

店長の福本が、できるだけ様々なご要望にお応えしようと、
お勧め生地を検討した結果です。

生地見本帳をご請求いただければ、
それら全種類の生地を手にとってご覧いただけます。

のれん生地見本帳請求はこちらから。
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

ですが、サイトでの詳しいご紹介は、まだ最初の3種類のみです。
そこで今日は、現ラインナップ全ての生地について、
特徴を簡単にご紹介します!

と、その前に…、
弊社ではのれんを「昇華転写」という方法で染めています。
この方法で染めることができるのは、化繊100%の生地だけです。

しかし、化繊でも生地によって、綿風だったり麻風だったり、
色んな風合いを持っています。
のれんとして充分お使いいただける生地ですので、ご安心ください。

「昇華転写」についてはこちらで詳しくご覧いただけます。
http://www.order-noren.com/beginner/index.html

では、まずはのれんサイトでお馴染みの3種類についてご説明いたします。

<1.ポプリン>
綿風のパリッとした生地です。生地色は、真っ白です。
同じ綿風のバンテンより少し薄く、少しお安いです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/index.html

ポプリンの生地

<2.バンテン>
綿風の柔らかな風合いの生地です。和風な感じです。
生地色は、少しアイボリーがかっていて、
染めた色は、少し沈んだ感じの落ち着いた色合いです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/index.html

バンテンの生地

<3.麻風スラブ>
麻のような風合いの生地です。触り心地は柔らかいです。
生地自体が生成色で、目が粗いので透け感があります。
価格はバンテンと同じです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/index.html

麻風スラブの生地

麻風スラブについては、3点、注意点があります。

1.生成色なので、白色には染められない。
2.パソコンの画面では、色の見え方にばらつきがある。
3.目が粗いので、細かい文字や柄はつぶれてしまう。

その辺りを、サイトでも動画でご説明しています。
麻風スラブをご検討の方は、是非ご覧ください。



では次に、新たに加わった5種類についてご説明します。

<4.鬼ちりめん>
ちりめん(縮緬)の中でも、最もシボ(表面の凸凹)を
大きく織ったものを鬼ちりめんと言います。
光沢があり、風呂敷によく使われる生地ですが、
楽屋のれんや和菓子店ののれんなどにも使われます。
価格はバンテンの10%アップです。

鬼ちりめんの生地

<5.厚手スラブ> ※ 2019.4月現在欠品中、2019.5月入荷予定です。
綿風の分厚い、和の趣・高級感のある生地です。
「スラブ」というのは生地の所々にあるふくらみ、「紡ぎ」のことです。
価格はバンテンの10%アップです。

厚手スラブの生地

<6.麻風生平(きびら)>
麻風スラブと同じく麻風で、生地自体が生成色ですが、
麻風スラブと違って目が詰まっているので、柄がはっきりと見えます。
また、麻風スラブと同じで、白色には染められません。
価格は麻風スラブと同じです。

麻風生平の生地

<7.トリコット>
麻風スラブと同じく目が粗いので、透け感があります。
同じ透け感がある者同士ですが、トリコットは真っ白、
麻風スラブは生成色です。価格は麻風スラブと同じです。

トリコットの生地

<8.撥水クロス>
他の生地も、納期プラス1週間で撥水加工はできますが、
この生地がお勧めなのは、もともと撥水加工が施されていますので
納期が余分にかからない点です。

撥水加工は、水を弾くので、雨に強いのは勿論ですが、
結果、汚れにも強く、色あせしにくくなります。

撥水加工の利点は、こちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/guide/faq_00157.html

価格は、その効果をもともと持ちながら、
未撥水の帆布・バンテンと同じです。
撥水をご希望のお客様には是非お勧めしたいです。

撥水クロスの生地

以上、簡単にご説明してまいりましたが、如何でしたでしょうか?

が!やはり!「百聞は一見に如かず」です。

オーダーのれんドットコムでは、
これらの生地を一冊に綴じた生地見本帳をご用意しています。
ご請求いただきましたら無料でお届けします。

4. 鬼ちりめん / 5.厚手スラブ / 6.麻風生平 / 7.トリコット / 8. 撥水クロス

も、もちろん入っていますのでご安心ください。

のれんをご検討の方は、是非ご請求下さいませ。

のれん生地見本帳請求はこちらから。
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

のれんのご注文はこちらから。
http://www.order-noren.com/noren/index.html

今回は、新人の鶴村がお届けいたしました!
また来月、お目にかかりましょう♪

<関連記事>
「のれんの生地は何を選ぶべきか」
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000182.html
「日除けのれんの生地のラインナップについて」
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000261.html


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

撥水クロスの日除けのれんはいかが?

2018年06月26日
オーダーのれんドットコムの店長 福本です。

この時期は毎日ジメジメしますね。
自転車で通勤している私は雨の日の通勤に四苦八苦しています。
早く梅雨が開けないかなあと会社に着いて合羽を脱ぐときにいつも思っています。

この梅雨時期に多いお問い合わせが、
「日除けのれんは出しっ放しなのですが、水に強い素材はないですか?」です。

弊社の生地は基本的にどの生地も雨に濡れてもインクが落ちてしまうような事はございませんので、
どの生地でも安心してお使い頂けます。

その中でも完全に雨の染み込まない生地となりますと、ビニール製のターポリンがお勧めです。
ビニール製ですので、水を弾きますし、もっとも丈夫な生地ですので、
耐久性を求める方にはお勧めです。

ただし、ビニール製はお店の雰囲気に合わないので、
どうしても使いたくないとお考えのお客様もいらっしゃると思います。
(下の写真のようにデザインによっては、和風の建物でも違和感はないと思いますが・・・)


そんなお客様には、サイトには載せていない新しい生地「撥水クロス」がお勧めです。
この生地はポリエステル素材の布生地で、元々撥水性能を持たせた生地です。

布ですので、和風のお店にも違和感なくお使い頂けるのでお勧めです。
下の写真は実際に撥水クロスで日よけのれんをお作り頂いたお客様から頂いたものです。


金額はバンテンと同じです。

*ご注文の際はバンテンでご注文頂き「その他要望欄」に「撥水クロス希望」とご記入ください。

ご注文・お見積もりはこちらから
https://www.hata-maku.com/cgi-bin/shopping/index.cgi?c=form&item_pk=18

生地見本をご請求頂ければ、実際の生地を無料でお送り致します。

無料生地サンプルご請求はこちらから↓
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

撥水クロスは撥水加工の追加費用も追加納期も必要ないので、
雨に強い生地をお探しの方は是非1度お試しください。


関連記事
日除けのれん 〜ターポリンのいいところ〜

オーダーのれんドットコム店長 福本でした。



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村
< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
2019年 06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事