このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2016年06月

2016年06月

涼しげなのれんの生地「麻風スラブ」

2016年06月02日
オーダーのれんドットコムの店長、福本です。

日差しがきつくなってきましたね。
暑くても幼稚園児の我が子には関係ないようで、汗だくになって外で遊んでいます。
外で遊ぶ時は、帽子をかぶって、しっかり水分補給をして熱中症に注意が必要ですね。

今日は、日本の夏にぴったりな涼しげな生地「麻風スラブ」をご紹介します。
麻風スラブは麻に似せてポリエステル素材で作った生地です。
そして、スラブとは糸を作る際にあえて太さを均一にしないで、デコボコにした糸の事です。
このデコボコした糸で麻風の生地を作ることによって麻風スラブの生地は出来ます。

麻風スラブは人気の生地ですので、よくご注文いただくのですが、先日も文字が小さくて
潰れてしまいそうなので、バンテンの生地に変更して頂く事がございました。
ご注文頂いたデータは私が拝見致しまして、気になる所はお電話で確認させて頂きますのでご安心ください。
特に潰れやすいのは、のれんによく入れる落款の中の文字です。

下の写真は2センチ角の大きさの落款です。

この大きさですと文字が潰れる事が多いです。
5センチ角以上の大きさがあれば読めると思います。

また、色のつけ方によっても文字の潰れ方が変わってきます。
下の写真は5センチ角の落款ですが、背景に色が付いて抜き文字にする場合と
赤文字にする場合では、抜き文字のほうが潰れやすいです。


麻風スラブの注意点をまとめた動画がございますので、是非ご覧ください。
麻風スラブとは、こんな生地です。



生地見本は無料でお送りしておりますので、下のバナーより是非ご請求ください。

オーダーのれんドットコム店長福本でした。



生地サンプルバナー



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

昇華転写の良いところは?

2016年06月07日
オーダーのれんドットコムの小形です。
6月になり、梅雨に入ったところもちらほら出てきました。



梅雨の湿気のせいか、熱をかけると反る性質のある厚手スラブも
上の写真の様にいつもより多めに反って丸まっております。
引き伸ばすのが地味に大変です。

そんな憂鬱な梅雨時期ですが一つだけ楽しみがあります。
社内で月に一度その月が誕生日の人をお祝いするというイベントがあり、
そのイベントで似顔絵付きのコメントが入った色紙をプレゼントされます。
そして6月は私がお祝いをされる順番です。
三十路に入ってもお祝いしていただくのはうれしいですね。

そんなお祝いの色紙ですが、コメントのお題を考える必要がありましたので、今回は
「皆さんが考える昇華転写でお客様にアピールできる点は何か」
「もしくはブログに書くネタをください(直球)」
という質問にしてみました。

入社してからずっと昇華転写部を担当していますが、同じ部門でずっとやっていると
自分ではいいところが見えなくなってくると思ったので、
一度第三者の視点も聞いてみたいという理由でお題を出してみました。

そしてつい先日お祝いの色紙を皆さんから戴きましたので見てみたところ

・発色がいい
・高級感がある
・珍しい機材があるので、他社にはない製品が作れる

等々他にもたくさんのコメントを戴いたのですが
その中でもちょっと意外だったのが

・洗濯がしやすい

という意見でした。

確かに洗濯しにくいものは都度クリーニングに出すことになるので、毎日使うものなら不便だなと思いますね。

今は使っていませんが昇華転写の転写紙の中には
色落ちがしやすい代わりに、発色は良いといったものもあるので
洗濯がしやすいという意見を知らないと、そういった素材を知らずに使っていたかもしれません。

今回ちょっと難しい質問をぶつけてしまったのですが
改めて自分のやっている仕事のいいところ、自慢できるところを社内の方々に教えてもらったので
仕事のモチベーションもアップしました!
またブログで書きたいこともいくつか出来たので追々書いていこうと思います。
質問して良かったです。

オーダーのれんドットコムの小形でした。



生地サンプルバナー



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれんデータの作成用PCを増設しました

2016年06月10日
オーダーのれんドットコムの小形です。

しばらくじめじめした日が続いたかと思えば、真夏の様に暑い日がやってきました。
そろそろプリンターも熱で動作が止まったりする時期なので注意しながら仕事に当たっています。

さてそんな昇華転写部ですが、1フロアに別の部門の作業場もあり
二つの部門にそれぞれの担当がついて日々作業に当たっています。

ですが印刷用のデータを加工する作業に使うパソコンは、実は二つの部門で共通でした。
ですのでパソコンの取り合いとまではいきませんが、片方の作業中は待ちが発生したり
なかなか作業がままならない日が続いたのですが、つい最近新たにデータ作成用のパソコンを追加で設置しました。



新しいパソコンです。
データ作成用のイラストレーターも最新版のCCを使用しています!

今回新しいパソコンが増えましたが、実は他にもパソコンを置いています。



今現在、工場の1フロアにあるパソコンです。
かなりたくさんあり、1フロアの人数よりもパソコンの方が多かったりします。

なぜこんなにパソコンがたくさんあるのかというと
データ作成用のパソコンと、プリンター印刷用のパソコンが分かれている為です。
一般的なご家庭ではデータを作って、そのパソコンでそのまま印刷するのが普通かと思いますが
印刷の現場ではかなり重たいデータを取り扱うこともあります。

そしてデータ作成時に、重たいデータを扱うとまれにパソコンがフリーズすることがあり、
そういう時に印刷用とデータ作成用のパソコンを一緒にしていると印刷とデータ用のソフトウェア
両方がフリーズしせっかく印刷したものが、台無しになってしまう可能性があります。
大型のデータを印刷しているときに止まってしまうと目も当てられません。
ですので印刷用と、データ作成用が分かれています。
ここが家庭用との大きな違いですね。


一見無駄の塊のように思えても、実はとても大事な物なのです。

オーダーのれんドットコムの小形でした。


生地サンプルバナー



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2016年 06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事