このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 日除けのれん > 日よけのれんの強風対策は?

日よけのれんの強風対策は?

2017年05月31日
オーダーのれんドットコムの小形です。

今回は店先にあると大きく目を引く日よけのれんの話です。

弊社の日よけのれんで使われる生地は、主に帆布もしくはバンテンとなっています。
帆布は「帆船」という単語もあるように古くは船のマストに使われるような
厚みがあって丈夫な生地を指しています。

そんな由来のある帆布の生地ですが
日よけのれんは上下に暖簾棒を通し、固定して使う方が多いので
風の強いところでは生地が張りすぎて、少し危ない場合もあります。
施工業者によっては安全のために設置をしないこともあるようです。

台風の様に前もって天気予報でわかる時は、都度仕舞っていただくのが一番ですが、
少しぐらいの風でいちいちしまうのはちょっと面倒ですよね。
そんなときは日よけのれんにあらかじめスリットを開けることにより、
風の影響を緩和することが出来ます。


スリットの入った日よけのれんの製作事例です。
うっすらスリットが入っているのがわかりますね。
このスリットはヒートカットで仕上げているのでほつれることはありません。


裏側から
スリットの上下の部分から裂けていくのを防止するために
レザーで補強してあります。

スリットの大きさ、位置もお客様のお好みに合わせてご指定いただけます!
お気軽にお問い合わせください。

以上オーダーのれんドットコムの小形でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事