このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > イラストレーターについて > デザインに奥行き+質感を!3Dな文字の作り方〜中級編〜

デザインに奥行き+質感を!3Dな文字の作り方〜中級編〜

2016年10月19日

季節はすっかり秋ですね!皆さま、いかがお過ごしですか?
オーダーのれんドットコムの小林です。

私は先日、ついに「君の名は。」を姫路テラッソまで観に行ってきました!


映画公開から1ヶ月以上経っているにも関わらず話題作とあってたくさんのお客さんが来ていました。

映画を見た私の感想は・・・とにかくすごい、です!!
映像がとても綺麗で、まるで自分が物語の情景に入り込んだかと錯覚するほどの迫力でした!

そういった迫力を演出しているのは、やはり遠近感のある描写ではないでしょうか?
前回のブログから
Illustratorで簡単に作れる3D(立体)のオブジェクト作成方法をご紹介させていただいています。

建物一つを描くにしてもこれら3Dの技術は必要不可欠です。
今回は、前回ご紹介した「3D機能 オブジェクトを立体に起こすまでの方法〜初級編〜」で作成した立体に
質感を加えた表現の方法をご紹介させていただきたいと思います!

↓前回ブログでご紹介した立体の作り方



質感を出すために必要な主な機能は
Illustrator「3D押し出し・べベルオプション」の中の「べベル」という機能です。



ベベルで、「複合1」を選択すると
↓このように2段階で凹凸があるような立体を作ることができます。

また「角の丸い平面」を選択すると
↓このようにツヤのある立体を作成することが可能です。


また、同じべベルの「角の丸い平面」を選択していても
「べベルの高さ」でポイント数を変更すると
質感も雰囲気も違う立体を作成することが可能です!





また↑このように3Dで大きく飛び出した文字を
アウトラインとアピアランスを分割して
文字一番上のフタのように被さっているオブジェクトにのみベベルをかけるようにすると
このように立体的&ツヤツヤ!な文字を作ることが可能です。

※ただし、一度アウトラインをかけてしまうと文字情報が失われてしまい
簡単に文字の変更を行うことができなくなりますので
アウトラインをかけていないオブジェクトもアートボードの外に置いておくのが無難です。

以上、Illustratorで簡単にできる立体&質感の出し方でした。
この機能が使えるだけで、デザインの幅は大きく広がります!
是非とも試してみてくださいね。

以上、オーダーのれんドットコムの小林でした。


生地サンプルバナー



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2016年 10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事