このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2020年03月

2020年03月

【新商品】和風のカフェカーテンはいかがですか?

2020年03月03日


みなさんこんにちは。

先月まで「旗・幕ドットコム」のブログを担当していた辻と申します。

今月から「オーダーのれんドットコム」でブログをアップさせていただきますので
どうぞよろしくお願いします。

私事ですが、1月に誕生日を迎えました。

弊社では、誕生日月に自社製品をプレゼントする風習があり、
今年は、自宅の台所にある窓用に「和風のカフェカーテン」を製作していただきました!

せっかくなので、今回はその時に作った「カフェカーテン」を
紹介したいと思います。

まずはこちらの画像をご覧ください。



生地は「麻風スラブ」です。

写真のように、どんな窓のサイズでもぴったりで作れるのは
オーダーメイド商品ならではですね♪

「カフェカーテン」の周囲の仕上げは、屋内使用のため「ヒートカット加工」にしました。
ヒートカット加工とは、高熱のカッターで生地を溶かしながらカットする方法で、
熱で生地が再び固まり、糸のほつれが防止される加工のことです。

アップで見るとこんな感じです。



ヒートカット加工にすると、全体で見たとき
シワが少なく仕上がるのがメリットですね。

それでは上記のカフェカーテンの仕様を記載します。
------------------------------------------------------------------------------

■W760×H460mm
関西風(棒袋加工)袋加工幅 40mm
※ポールは直径13mmのものを使用しております。
■染め方 片面(裏は生地色)
■周囲ヒートカット

★袋加工幅について、分かりずらいかと思いましたので画像を用意しました。以下の通りです。



こちらの「カフェカーテン」は、自動見積に対応しておりませんので
別途お見積もりさせていただきます。下記URLよりお気軽にお問い合わせください。
お見積り・お問い合わせはこちら↓↓↓
https://www.order-noren.com/form/inquiry.html

------------------------------------------------------------------------------

今回、「カフェカーテン」をご紹介するにあたり
従来ののれんの仕様でも作ってみたので合わせてご紹介したいと思います。



先程の「カフェカーテン」と大きく違うのは、2点あります。

一つ目は、のれん棒を通す部分です。
こちらの試作品のような加工方法を「チチ付け加工」と言い、「関東風」と呼んでいます。
先にご紹介したカフェカーテンは上部は棒袋加工になっていて「関西風」と呼びます。

「関西風」でも「関東風」でも、大きなメリットやデメリットはありません。
過去、住んでいる地方が関西だから関西風でいいや〜といったようなお客様もいらっしゃいましたので
お好みの方法でお選びくださいませ。

ただ関東風の「カフェカーテン」の方が
下の写真のように窓を開け閉めしたい際に、生地を簡単に寄せることができます。
(関西風でも寄せることはできますが、生地へのストレスは関東風の方が少なくなります)



窓を開け閉めする場所でのご使用をご希望の場合は、関東風がいいかもしれませんね♪

もう一点は、周囲の仕立て方法が違います。

先の仕上げ方法が「ヒートカット仕上げ」であることは既にご説明しました。
それに対しこちらの試作品は「周囲三つ折り縫製」仕上げです。

「周囲三つ折り縫製」は、生地の端を3枚重ねの状態にし、周囲を約15mmの幅で折り返して縫う方法です。
一般的な「のれん」の縫製と同じなので、「ヒートカット加工」よりも強度があります。
アップにするとこんな感じです。



それでは関東風のカフェカーテンの詳細を記載します。
------------------------------------------------------------------------------

■W760×H460mm
関東風(チチ付け加工)チチ加工幅 40mm
※ポールは直径13mmのものを使用しております。
■印刷方法 片面(裏は生地色)
■周囲三つ折り縫製

★チチ加工幅について、分かりずらいかと思いましたので画像を用意しました。以下の通りです。



こちらの「カフェカーテン」は、
一般的なのれんと同じ加工(周囲三つ折り縫製)をしておりますので
弊社サイトの自動見積からご覧いただけます。(※ポールの値段は含まれておりません)
自動見積もりはこちら↓↓↓
https://www.hata-maku.com/cgi-bin/shopping/index.cgi?c=form&item_pk=17

自動見積に無いサイズの場合は、別途お見積もりさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら↓↓↓
https://www.order-noren.com/form/inquiry.html

------------------------------------------------------------------------------

最後に、突っ張り棒について記載します。



今回使用した突っ張り棒は、
どちらも直径15mm程度のものです。
(ホームセンター等に販売している一般的な突っ張り棒です)

もしもお持ちの突っ張り棒が無い場合は、
弊社に伸縮タイプのものがございます。

弊社で販売している突っ張り棒は、下記の通り2種類ございますので
どうぞお気軽にお求めください。
-----------------------------------------------------------

700〜1100mm=600円/1本
1100〜1900mm=800円/1本
※直径13mmです。

詳細はこちら↓↓↓
http://www.order-noren.com/noren/norenbou.html#sinsyukubou

-----------------------------------------------------------

「カフェカーテン」をご注文の際は、
オーダーのれんドットコム」より、のれんのご注文フォームへお入りいただき
備考欄に「カフェカーテンを希望」とご記入ください。

確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

今回は「和風のカフェカーテン」ということで、麻風生地を使用しておりますが
その他の生地で製作することも可能です。

その他の生地が気になるお客様には、
弊社で取り扱っている生地をまとめた、「生地見本帳」を無料でお送りしております。
ご希望でしたら、こちらのご請求フォームよりお問い合わせください。

生地見本帳請求はこちら↓↓↓
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

皆さんも、カフェカーテンで自宅の窓を飾ってみませんか?
いつもの景色と違うと楽しい気分になりますよ♪

以上、オーダーのれんドットコムの辻でした。

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれんの風対策「マジックテープでのれんが風で寄ってしまうのを防ごう!」

2020年03月18日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

のれんをご使用中の皆様、
風に悩まされることはないですか?

のれんには、上部の仕様が2種類あります。
上部を筒状に縫い上げる袋加工の「関西風のれん」と
チチと呼ばれるものを輪っかにして縫い付ける「関東風のれん」です。
(下記参照)
関西風のれんと関東風のれん
多くのお客様が見た目の好き嫌いで判断されるのですが
敢えて、関東風のれんのデメリットを申し上げますと・・・

関東風のれんは、上部が筒状になっている関西風のれんに比べると
チチとチチの間があいているため、強風でのれんが寄ってしまう点です。

こんな風に。
風で寄ってしまったんれん
これでは、せっかくののれんが台無しですよね。

そこで、今日はその問題を解決する新メニューをご紹介いたします。

それがこちら。
チチ固定式関東風のれん
お分かりでしょうか。
チチに両面タイプのマジックテープを縫い付けて
のれん棒に固定するといった仕様になります。

両面タイプのマジックテープといいましても、
両面テープがついている訳ではありません。

表面がオス(ザラザラの面)、裏面がメス(フワフワの面)になっていますので
クルンっと巻き付けて表面に裏面をくっつけるとピタっと止まるのです。

こちらの方法で固定した効果がこちら。
チチ固定ビフォーアフター
ご覧の通り、ズレ落ちることはありません。
ということは、風で動くこともありません。

ですが、ビクともしません!!とは言い切れません…
手でギュッと引っ張ると動いてしまいますので
あまりの強風の場合は動いてしまうかもしれません。

ですが、ですが!どんな強風でもビクともしない!
といえるアイテムが実は既にあるんです。

それがこちら。
ズレ防止ストッパー
■関東風のれん用のズレ防止ストッパー 190円/2組1セット

ストッパーはのれん棒にガッチリしっかり
固定されているのでそれ以上動くことはありません。

取り付け方の動画もありますのでご覧ください。

関東風のれん用のズレ防止ストッパー詳細はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html#nstopper

ん?

そんな画期的なアイテムがあるのにも関わらず
何故それよりも頼りないマジックテープタイプを勧めるの?

とお思いですよね。

それにはちゃんとした3つの推せるポイントがあるんです♪

マジックテープタイプの推しポイント@
見た目に響かない!
こちらをご覧ください。
ズレ防止ストッパーとマジックテープタイプ
ご覧の通り、ズレ防止ストッパーは外側から止めるので
どうしてもそれ自体が見えてしまいます。

対して、今回ご紹介しているマジックテープタイプは
チチの内側にマジックテープを縫い付けているので
見た目はいたって普通ののれんです。

ズレ防止ストッパー使ってみたいけど、ストッパーが見えるのが気になる…
と、躊躇されている方いらっしゃいませんか?いらっしゃいましたら
是非!マジックテープタイプをお試しくださいませ!

マジックテープタイプの推しポイントA
どんなのれん棒の太さにも対応可能!
ズレ防止ストッパーは、直径22mmののれん棒にのみ対応です。

対して、マジックテープタイプは、ご希望ののれん棒の太さに合わせて
カットして作成しますので、のれん棒の太さを気にしなくても大丈夫なんです。

ズレ防止ストッパー使ってみたいけど、太さが合わないから使えない…
なんて諦めている方いらっしゃいませんか?いらっしゃいましたら
是非!マジックテープタイプをお試しくださいませ!

マジックテープタイプの推しポイントB
関西風のれんにも対応可能
ズレ防止ストッパーは、チチに差し込んで使用しますので
上部が筒状になっている関西風のれんには使用できません。

対して、マジックテープタイプは、関西風のれんにも縫い付けられますので
関東風、関西風どちらでも気にせずお申しつけくださいませ。

ズレ防止ストッパー欲しいけど、関西風だから使えない…
と諦めている方いらっしゃいませんか?いらっしゃいましたら
是非!マジックテープタイプをお試しくださいませ!

ちなみに、こちらのマジックテープタイプは
のれん1枚につき左右2か所で250円になります。

「どんな強風でもビクともしない関東風のれん用のズレ防止ストッパー」
「見た目に響かず、いろいろな太さに対応可能なマジックテープタイプ」
使用用途に応じてお選びください♪

どちらもカート対応しておりませんので
その他ご要望欄に「〇〇希望」とお書きくださいませ。

以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。

<関連記事>
のれんストッパーをご存知ですか?
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000247.html
関西風(棒袋タイプ)用「ズレ防止ストッパー」のご紹介!
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000296.html
のれんの関西風と関東風、どっちがいいの?
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000193.html


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2020年 03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事