このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 変わったのれん > のれんのいろいろな仕様Part.3 「関西風のれん袋加工の切り込み」

のれんのいろいろな仕様Part.3 「関西風のれん袋加工の切り込み」

2018年05月09日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

前回のブログで、来月にはもう「暑い暑い」と言っているでしょうね。
なんて言っていましたが、そうでもないですね。
といいますか、とにかく寒暖の差が激しすぎますね。
昨日もニュースを見ていると、コートを着てマフラーをしている人もいれば
半袖の人もいるという、なんとも奇妙な光景が流れていました。

この時期は寒暖差による疲れ、体調不良などが多くなるようですので
皆様、しっかりと体調管理をして乗り切りましょう!

さて、前回、前々回と「のれんのいろいろな仕様」と題しまして
「関東風のれんのチチ」 
「スリットの長さ・重なり」
についてお話させていただきましたが
今回、第3弾は「関西風のれん袋加工の切り込み」についてです。

まずは、関西風と関東風の違いを簡単にご説明します。

上記の通り、関西風は筒状に縫い上げる「袋加工」
関東風は、本体と同じ生地で作った
チチと呼ばれるものをわっかにして縫い付ける「チチ付け加工」


これが関西風と関東風の違いになります。

そして、関西風のデメリットをひとつあげるとすると
これは、横幅が3mを越えるような大きなのれんの場合ですが
当然のれん棒も長くなりますので、しなってしまう事があります。

その場合の対処法としまして、のれん棒の中央辺りを
ロープや紐で支える(吊り上げる)方法があります。
(下記参照)

チチの間が開いている関東風は、この方法が可能ですが
袋状で間が開いていない関西風は、それが出来ません。
ですので、横幅が長いのれんをご希望の場合は
関東風の方が向いているかもしれません。

ですが…
横長だけど関西風の方がいい!という場合にひとつご紹介できる方法があります。
それがこちら↓↓↓

袋加工の真ん中に切り込みを作る方法です。

拡大するとこんな感じになります。



赤丸部分のみどうしてもヒートカットで切りっ放しになってしまいますが
他の部分は三つ折り縫製で仕上げますので強度などは問題ありません。
切り込みの幅もご希望のサイズで仕上げさせていただきます。

これにより、真ん中で吊り上げることが可能になりますので
横長だから関西風は無理か〜といった問題は解消されますね♪
こちらの加工は追加料金が発生しませんので
気になられた方はお気軽にお問い合わせ、お試しください。

以上、「のれんのいろいろな仕様」第3弾
「関西風のれん袋加工の切り込み」についてお届け致しました。

次回、第4弾は…と言いたいところですが、思いついておりません(汗)
1ヶ月かけて何か探しておきますので、期待せずにお待ちくださいませm(_ _)m

以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html

<関連記事>
のれんのいろいろな仕様Part.1 「関東風のれんのチチ」 
のれんのいろいろな仕様Part.2 「スリットの長さ・重なり」



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事