このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 変わったのれん > のれんのいろいろな仕様Part.1 「関東のれんのチチ」

のれんのいろいろな仕様Part.1 「関東のれんのチチ」

2018年03月14日
皆様こんにちは、オーダーのれんドットコムの長倉です。

朝晩はまだ少しひんやりとしますが
日中はぽかぽか陽気で過ごしやすくなってきましたね。
卒業シーズンでもありますが
我が家では先日、長女が中学校を卒業しました。

卒業式では、卒業生代表の答辞に感動して涙していた私でしたが
大半の生徒が号泣しながら退場していく中
ニコニコ…いや、ニヤニヤしながら退場していく娘を見て
なんとも複雑な気持ちで終わった卒業式でした(笑)
明るく逞しい子に育ったんだと捉えることにしました( ̄∀ ̄)ゞ

卒業を迎えられた皆様、おめでとうございます。

さて、今回は「のれんのいろいろな仕様」第1弾をお届け致します。

第1弾は、「関東風のれんのチチ」についてです。

関東風のれんのチチは通常、両端と各継ぎ目
1巾の幅が300oを越える場合はそれぞれの真ん中にひとつ。
1巾の幅が大きくなってきますと、真ん中にひとつでは済まないこともありますので
その場合は、だいたい150mm〜200mm間隔でつけさせていただきます。

こんな感じになります。
↓↓↓


ですが、必ずこの位置、このサイズでつけないといけない訳ではありません。

こちらをご覧ください。

こちらはお客様のご要望で、チチの位置を変更させていただいたものです。
このように、のれんを掛ける場所の都合や
チチが柄にかかってしまう、などの理由で変更されることがあります。

その他、チチのサイズに関しまして
弊社の標準がW30mm×H90mm(のれん本体に縫い付ける部分30mm+外側に出る部分60mm)になります。
そちらもご要望いただければ、大きくも小さくも変更可能です。


あとは、両端のチチを2個にする。なども可能です。


このように、ご要望いただければ
可能な限り対応させていただきますので
まずはご相談くださいませ。

お客様の製作事例もこちらからご覧いただけますので、ご参考までに。
http://www.order-noren.com//archive/tag.0001.html

以上、「のれんのいろいろな仕様」第1弾
「関東風のれんのチチ」についてお届けしました。

次回は、「スリットの長さ」「スリットの重なり」についてお届け致します。

オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事