このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > のれんの生地 > 麻風スラブのライバル?麻風生平を紹介します

麻風スラブのライバル?麻風生平を紹介します

2016年08月10日
オーダーのれんドットコムの小形です。

先日は麻風スラブの生地を紹介しました。
麻風スラブは目が粗めによる風合いの良さもあれば、文字・絵柄がつぶれやすくなるというデメリットもある生地でしたが
麻のような質感かつ、麻風スラブよりも目の細かい生地も弊社にはございます。
それは麻風生平という生地です。


このような生地です。

昨年まではラインナップになかった生地でしたが、今年から増えた生地です。
麻風スラブと比較して、目がしっかり詰まっているのがわかります。
目が細かい分、細かな柄でもしっかり転写可能な生地になっています。

試しに先日と同じ文字で比較してみます。





上から順番に10mm角、5mm角、3mm角、1mm角です。
そしてここからが本番!
麻風スラブではそれ以下のサイズは若干厳しい物がありましたが麻風生平ではこうなります。

左が麻風スラブ、右が麻風生平です。麻風生平は3mm角の文字でもしっかり読めますね!
実際はここまで小さな文字を印刷することは稀ですが、それぐらいのポテンシャルはありますという事で……!


イラストだとこのような具合になります。
色がしっかりと乗るので、麻風スラブよりも鮮やかに見えるのが特徴です。

個人的には麻風スラブの方が本格派な感じがして好きですが、
麻の風合いと細かい柄の印刷を両立できる麻風生平もいいと思います!
用途に応じて使い分けてくださいね。

オーダーのれんドットコムの小形でした。


生地サンプルバナー



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2016年 08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事