昇華転写で退色しやすい色

2018年09月25日
皆さんこんにちは、オーダーのれんドットコムの小形です。

今回はちょっとだけ専門的な話をしたいと思います。

私たちの身の回りには様々な方法で染色したものがあふれていますが、
染色する上で避けて通れない事が「経年劣化による退色」です。

経年劣化の退色は主に光が当たることによって起こります。
ですので、耐光性の高い素材を使うと退色はその分少なくなります。

そして昇華転写で一番退色が目立つ色は何だと思いますか?
答えは「緑」です。

なぜ緑がいちばん退色が目立つのか?
まずは下記のURLをご覧ください。

インク別堅牢度試験結果
https://japan.mimaki.com/topics/supply/ink/fastness-test.html

上記ページの

昇華転写インク(転写時)堅牢度試験結果
(SPC-0493:JV5,JV33用)
日付:2008年4月4日現在

この項目を参考にします。
一覧表の中に耐光という項目がありますが、このように記載されています。

K 5-6
BL 4
M 5-6
Y 7

Kは黒色
BLは青系
Mは赤系
Yは黄系

上記の数字はそれぞれの耐光性の級数になります。
耐光性とは光に対する強さで
この級数が高ければ、光由来による色褪せが少なくなります。

つまりこの中では黄色が強く、青が一番弱いことになります。
この数字のギャップが緑色が青よりも褪せて見える原因になります。

緑色は青と黄色のインクを掛け合わせて表現します。
印刷時の発色を100%として、仮に耐光性がどちらも同じならこのように退色していきます。


しかし実際は黄色に比べて青の方が早く退色するため、実際はこのようになります。


インクの退色の仕方のギャップにより色相の変化が起きて、
黄味がかった為、最初の色よりも褪せて見えてしまいます。

実際、青インクのみを使用した色よりも緑の方が退色を実感しやすいです。

この様に緑の退色が顕著に見える理由は、
耐光性が一番高いインクと一番低いインクを掛け合わせた為と言えるでしょう。

ちなみに今回参考にしたデータのインクは、弊社で使用しているインクではありませんが
全体の傾向として昇華用インクの青は、耐光性が低い傾向にあります。

メーカーによっては耐光性の高い青インクを販売している所もありますが、
転写時の設定がピーキーになり、生産性大幅ダウン=コストアップ=製品の価格もアップと一長一短なのが現実です。

とはいえ、お客様に少しでも良い物をお届けするのが使命ですので
これからも新しい技術情報を更新して製品の改善に努めて参ります。

以上、オーダーのれんドットコムの小形でした。


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

不透明マスクを使ったおしゃれなのれんデザイン

2018年09月12日
皆さま、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの小林です。


突然ですが
このように柄が、途中から背景に溶け込んでいくようなデザインを作りたい時
皆さまだったら、どのように作成されますか?




このように絵柄に背景と同じ色と
そうではない色をグラデーションにして
溶け込ませる方法があります。
↓↓↓





この方法でも、同じ柄を作ることは出来ます。
ですが、もし背景色を変えることになったら・・・。

上に来る柄の色味も調整しないといけなくなります。

これって非常に面倒ですよね?



柄を、まるで忍者の隠れ身の術のように、
背景に溶け込ます・隠すことが出来れば、
非常にデザイン効率は上がると思いませんか?





そんな方法あるの?
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
あるんです!!

今回は、以前のブログでご紹介させていただいた
「マスクをかける」の応用編で
「不透明マスク」という機能を使います。


前回ブログ『「マスクをかける」って何?』はこちら。
↓↓↓
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000084.html





では、実際に「不透明マスク」を使って
のれんのデザインを作成してみましょう!



1.のれんの上に柄を置きます。




2.柄の上に白黒のグラデーションの四角を置きます。




3.柄と白黒のグラデーションのみを選択して、不透明マスクをクリックします。




すると、あっという間に
柄が背景に溶け込むように隠れるデザインに変わりました!




グラデーションの白は透明度をかけたくない場所に。
グラデーションの黒は透明度をかけたい場所に持ってくると、
上記ようなデザイン作成が可能です!





グラデーションのかけ方を変えれば、
簡単に背景への溶け込み方も変わります。
↓↓↓




のれんや日除け幕のデザインに、この方法を使えば
風情も出てきて、一気におしゃれ度が上がりますよ!


こちらも簡単&役立つ機能になっていますので
Illustratorをお使いになる方は
是非とも使ってみてください。




でも・・・実際
「Illustratorを持ってない」
「簡単なのは分かったけど、やっぱり自分でデザインを作るのはめんどくさい・・・。」
と思われたお客様も多いはず、、、。



実はこちら、
弊社のデザインサンプルで全く同じものをご用意しております!

セレクトプラン
   ▼
のれんデザインサンプル50

でお気軽にご注文いただくことが可能です。


同じようなデザインで、
「柄の形だけ変えたい!」というお客様も、
そちら原稿作成費は無料で修正できますので
ご要望はおっしゃってくださいね。



のれん・日除け幕をご検討のお客様は
こちらから、ご注文下さいませ。
↓↓↓↓
https://www.hata-maku.com/cgi-bin/shopping/index.cgi?c=form&item_pk=17



たくさんのデザインサンプルをご用意しておりますので
参考程度にでもご覧いただけますと幸いです。
ご注文はお気軽に!



以上、オーダーのれんドットコムの小林でした。



〈関連記事〉
のれんの柄にも最適!スウォッチで「繰り返しの柄」を作ってみましょう♪
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000111.html

ぼかしの効いた画像をマスクにかける方法!
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000085.html





店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれんのいろいろな仕様Part.7 「斜めののれん」「チチの柄」

2018年09月05日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

台風21号が各地に甚大な被害をもたらしていますね。
25年ぶりの強い台風ということで
弊社も昨日は午後から臨時休業という形をとらせていただき
ご迷惑をおかけいたしました。

幸い、ハクロマークのある姫路市は
大きな被害はありませんでしたが
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、「のれんのいろいろな仕様」第7弾です。
第1弾〜第6弾はこちら
↓↓↓
「関東風のれんのチチ」
「スリットの長さとスリットの重なり」
「関西風のれん袋加工の切り込み」
「各割れの長さと各割れの幅」
「上下の加工の違い」「ハトメの追加」「強風対策」
「スリットの隙間」「糸の色」

第7弾は「斜めののれん」と「チチの柄」についてです。

まずは、「斜めののれん」
何が斜めなのかと言いますと…

こちらをご覧ください。
↓↓↓
斜めののれん
そうです。
のれんの下辺が斜めになっているのです。

お客様から、「のれんの下の部分を斜めにできますか?」
と、お問い合わせをいただき
「可能ですが、少し波打ったようになるかもしれませんがご了承ください」
ということで、製作にかからせていただきました。

波打つとは…?

写真をご覧いただくとお分かりになるかと思いますが
斜めに縫製している箇所が波打つというか、ねじれたようになっています。

アップにしたものがこちら。
↓↓↓
斜めののれん波打ち
斜めののれん波打ちアップ

通常、生地の目に対して真っすぐに縫製するところを
斜めに縫製しようとすると、どうしても生地が伸びてしまって
このような形になってしまいます。

ですが、極力ねじれないように細心の注意を払って
製作させていただいておりますので
もし、斜めののれんをご希望の際は、参考になさってください。

続いて「チチの柄」について。

こちらはのれんの仕様といいますか
今まで私の中になかった概念?発想です。

関東風のれんのチチは無地というイメージしかなかったのですが
あるお客様がご注文されたのれんがチチにも柄がついていたのです。

こんな感じです。
↓↓↓
チチの柄
チチの柄2
チチの柄3
可愛くないですか?♪

個人的には、とても可愛くてお気に入りです(´∀`*)

何年もやっていると、考え方も凝り固まってしまいますね。
このようないろいろなご要望もお待ちしておりますので
何でもご相談くださいませ。

以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
↓↓↓
http://www.order-noren.com/noren/index.html

<関連記事>
「関東風のれんのチチ」
「スリットの長さとスリットの重なり」
「関西風のれん袋加工の切り込み」
「各割れの長さと各割れの幅」
「上下の加工の違い」「ハトメの追加」「強風対策」
「スリットの隙間」「糸の色」



店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれん棒・のれん掛け等のご紹介

2018年08月29日
みなさま、こんにちは♪
「オーダーのれんドットコム」 鶴村です。

先日、「初めてのれんを作る」というお客さまから、
お問い合わせのお電話をいただきました。

のれんについて色々とご説明した後、
「どうやって取り付けたら?」とのご質問。
サイトで紹介している関連商品をご案内しました。

たとえサイトに載っていても、
初めて見るサイトでは、どこに何が載っているのか、
分かりづらいですよね。

そこで今回は、サイトで紹介している
のれんの関連商品についてご案内します♪

まずは、関連商品の種類と、その価格の一覧をご覧ください。

のれん棒
1.スチールタイプ    
  〜2000mm=1,200円 / 1201〜2000mm=1,500円 / 2001〜3000mm=2,700円
2.突っ張り棒タイプ
  700〜1100mm=1,200円 / 1100〜1900mm=1,400円
3.虎斑竹(とらふだけ) 3,000円(最長2000mm)

のれん掛け
1.木製のれん掛け(壁付けタイプ) 13,000円(2個セット)
2.木製のれん掛け(天井付けタイプ)13,000円(2個セット)
3.木製のれん掛け(引っ掛けタイプ)8,000円(2個セット)
4.鉄製のれん掛け(黒・白)     2,500円(2個セット)

その他
1.ズレ防止ストッパー 1,000円(4個入り)
2.贈答用小箱(オリジナル風呂敷付き) 800円

種類と価格は以上です。

では、ひとつひとつ、ご紹介します。

のれん棒


1.スチールタイプ
スチール製のパイプに、竹に似せた樹脂コーティングを施しています。
現在、のれん・日除け幕をお買い上げの方に、
のれん棒をサービスでおつけしているのですが、
サービスでおつけするのは、このスチールタイプです。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norenbou.html

スチールタイプ

2.突っ張り棒タイプ
壁と壁の間であれば、この突っ張り棒タイプが便利ですね。
2サイズありますので、掛けられたい所の幅を測ってお選びください。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norenbou.html

突っ張りタイプ

3.虎斑竹(とらふだけ)
天然の竹です。高知県の一部でしか
育たない伝統品です。趣がありますね。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norenbou.html

虎斑竹

のれん掛け


1.木製のれん掛け(壁付けタイプ)
木製のれん掛け3種類は全て、大工さんの手作りです。
壁や柱に取り付けるなら、こちら。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norengake.html

壁付けタイプ

2.木製のれん掛け(天井付けタイプ)
天井に取り付けるなら、こちら。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norengake.html

天井付けタイプ

3.木製のれん掛け(引っ掛けタイプ)
コンパクトなのれん掛けをお探しなら、こちら。
取り付けも簡単!

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norengake.html

引っ掛けタイプ

4.鉄製のれん掛け(黒塗装/白塗装)
こちらは更にコンパクトで、お求めやすい価格です!
30φ以下ののれん棒にご使用いただけます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norengake.html

鉄製

その他のれんの便利グッズ


1.ズレ防止ストッパー
のれんが風で片寄ってしまうのを防げます!
※風で片寄りやすい、「関東風(共チチタイプ)」用です。
「関西風(棒袋タイプ)」にはお使いいただけません。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norenkanrenother.html

ストッパー

取り付け方はこちらをご覧ください。


2.贈答用小箱(オリジナル風呂敷付き)
のれんをプレゼントされる方にオススメ!
白い化粧箱にお入れし、オリジナルの風呂敷に包んでお届けします。
ご入り用なら、短冊のしもお付けします。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/noren/norenkanrenother.html

小箱

以上、のれんの関連商品についてご説明しできました。
のれんを作られる際には、ご参考になさってください♪

まだまだ残暑厳しい日が続いております。
皆さまどうか、お身体にお気をつけください!
ではまた来月、お目にかかりましょう♪

のれんのご注文はこちらから。
http://www.order-noren.com/noren/index.html

日除けのれんのご注文はこちらから。
http://www.order-noren.com/hiyokemaku/index.html

のれん・日除けのれんの生地見本帳請求はこちらから。
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

<関連記事>
「のれん掛けと取り付け動画を紹介」
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000217.html


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

昇華転写で写真を印刷してみよう

2018年08月22日
皆さんこんにちはオーダーのれんドットコムの小形です。

昇華転写と本染めの違いはいくつかありますが、
中でも昇華転写の大きなメリットとして写真がきれいに印刷できるというのがあります。

今回はそんな写真を使用して生地に印刷した際にどのように表現されるのか、

こちらの果物の写真を用いて比較してみました。

バンテン
弊社売れ筋の生地です。落ち着いた風合いです。
生地の目も詰まっているので写真もしっかり再現できます。



アップ 青リンゴの斑点まで表現できているのがわかります。


厚手スラブ
横に走るスラブが特徴の厚手の生地です。
バンテンと比較すると生地の目が若干粗いですが、そこまで気にならないぐらいです。



アップ バンテンと比べると細かな模様が飛んでしまっています。


麻風スラブ
麻の風合いがある生地です。生地の目が粗めの為、高精細な画像の表現は苦手です。
どちらかというと、家紋やピクトグラムといったマーク中心のデザインにお勧めです。



アップ ぼやーっとしていますね。白い部分もほとんど飛んでしまっています。


麻風生平
麻の風合いを残しつつも、麻風スラブより目の詰まった生地です。
麻風スラブと比較してこちらのほうが画像向きです。



アップ 麻風スラブと比較すると細かく表現できていますが、やはり白い部分は苦手そうです。


いかがでしたでしょうか。今回は目の粗い生地を中心に紹介しました。
バンテン・厚手スラブ・麻風生平・麻風スラブの順番で画像がハッキリと見えますね。

売り出したい商品の写真等、画像が主役の暖簾を作るなら一番表現力のあるバンテンがお勧めです。
逆に画像は雰囲気さえ伝わればいいなら、生地の質感重視で選んでいいと思います。

どのような暖簾を制作したいか、目的に応じて参考にしてみてください。

以上、オーダーのれんドットコムの小形でした。


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
2018年 09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事