和風なのれんを作るには?

2017年05月26日
オーダーのれんドットコム店長 福本です。

最近急激に気温が上がってきましたね。
家のエアコンを本格稼動させる前にフィルター掃除をしなければと思いながら、時間が過ぎております。
真夏はエアコンをつけないと眠れないので、なんとか梅雨入り前に頑張ります。

さて今回は「和風なのれんを作りたいのだけど、どんな生地やデザインがお勧めですか?」
と言う時々頂くご質問に答えようと思います。

「和風なのれん」と聞いて皆さんはどのようなイメージが思い浮かびますか?

・家紋の入ったもの。


・濃紺に白抜きのデザインの物


・筆文字で書かれている物


人によってすぐに思い浮かぶイメージには差があると思います。

また「和風な生地」のイメージですと「麻風の生地」や「綿風の生地」を
イメージされる方が多いのではないでしょうか?
弊社の生地はポリエステル素材ですが、綿や麻に似せて加工しておりますので、
どの生地でも問題ないですよ。

無料でお送り出来ます生地見本がございますので、是非お手にとってご覧ください。

無料生地サンプルご請求はこちらから↓
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

私が皆さんから「和風なのれんを作りたい」とご相談された場合、お勧めするのは

・出来るだけシンプルなデザインにする。
・筆文字で書く。
・麻風の生地で、背景は生地の色を使いその他は黒色でシンプルにする。
・綿風のバンテン生地を使い、濃紺をバックに白抜きにする。

そもそも、のれん自体が日本的なものですので、
かわいいキャラクターや写真・派手な柄などを使わなければ、和風なのれんに仕上がると思います。

昔は技術的に色数の多いものや細かい柄などが作れなかったので、
必然的にシンプルな物が多かったのですが、弊社の製作方法である昇華転写捺染でしたら、
お写真やグラデーションも再現可能です。

今までに無かったようなデザインでのれんを作るのも面白いと思いますよ。

オーダーのれんドットコム 店長福本でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれんのサイズの決め方は?

2017年05月24日
オーダーのれんドットコム店長の福本です。

あっと言う間に5月も終盤ですね。気持ちの良い気候で、休みの日に窓を開けていると
風が入ってきてウトウトしてしまいます。
たまにはゆっくり昼寝をしたいのですが、幼稚園児の息子が許すはずも無く・・・
「虫捕って!」と腕を引っ張ります。
おとうさんは大変です(笑)

さて、今日はみなさんからよくお問合せ頂く
「のれんを作りたいのだけどサイズはどうやって決めたらいいですか?」に答えたいと思います。

弊社の場合、完全にオーダーメイドでのれんをお作りしておりますので、
お客様のご要望に合わせたサイズで製作が可能です。

@ のれんの横幅を決める。

のれんを設置する場所の横幅を測ってください。
この時にのれんをどのように設置するかを考えておくとスムーズです。

突っ張り棒でのれんを設置するのと、伸縮しないタイプののれん棒を使うのでは、
同じ間口1800ミリの所に設置するのれんでも、サイズを変えた方が綺麗に設置できます。

間口1800ミリの内側に、突っ張り棒を使って設置する場合、
横幅1800ミリでのれんを作ると左右が、ダブついてしまい見た目が悪くなります。

この場合は横幅1750ミリ程度に少し小さく作ると見た目が綺麗です。
突っ張り棒は端に出っ張りがあるので、注意が必要です。


突っ張り棒を使わない場合、のれん掛けを設置して掛ける事になります。
この場合、のれん棒はのれんの横幅から左右各100ミリ程度は長い物を使う事をお勧めします。
のれん棒の掛かりがあまり短いと、くぐった時にのれんが外れる恐れがあります。

時々お客様から「のれんの横幅は開口より少し大きくしたり、小さくしたりしたほうがいいの?」と
ご質問を頂きますが、突っ張り棒を使う場合は50ミリ程度開口より小さめ、伸縮しない棒を使う場合、
開口と同じ大きさで製作すると良いと思います。


A のれんの丈を決める。

次にのれんの丈ですが、のれんの加工には関西風(袋加工)と関東風(共チチ加工)の
2種類がございます。弊社の場合、関東風の場合、チチ(竿通し)の部分が本体から60ミリ飛び出します。
縦の長さは関東風の場合、このチチ60ミリを含んだ丈になります。


のれんの丈もご指定の大きさでお作り致しますが、お客様がのれんを目隠しとして使いたいのか、
飾りとして使いたいのかなど、のれんに求める用途で丈が決まります。

・目隠しとして使いたい場合、1500ミリから1600ミリの丈が多いです。

1600ミリ丈ののれん


・飾りとして使う場合は、間口に300ミリから400ミリの短い丈でお作りします。

300ミリ丈ののれん


・一番多いのは600ミリ程度の丈で、これが「のれんをくぐる」イメージに近い物です。

600ミリ丈ののれん

のれんの大きさはお客様が「どのようなイメージでのれんを掛けたいか」で決まります。
ご希望のサイズでお作りできますので、イメージを元にサイズをご検討下さい。

オーダーのれんドットコム店長の福本でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれん、日除け幕のデザインサンプルを使った製作事例

2017年05月20日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

前回、のれんのデザインに迷った時はデザインサンプルを!!
といった内容をお届けしましたが
今日は、実際にそのデザインサンプルを使ったセレクトプランで
ご注文頂いた製作事例をいくつかご紹介致します。

まずは、こちらから
↓↓↓

左側が弊社のデザインサンプルになります
そして、右側がお客様のご希望通りに変更させていただいたデータになります

こちらは
・お色の変更
・扇子の柄を椎茸に変更
・「和菓子 雪月花」 を 「信州産地問屋 フルタヤ椎茸株式会社」に変更

そして、完成した商品がこちら
↓↓↓





どんどんいきますね
ドンっ
↓↓↓

こちらは
・背景のベースはそのまま
・右端の文字を消して中央に大きく表示
・右上に「成恒屋」を追加

ご使用中のお写真
↓↓↓





続きまして
↓↓↓

こちらは
・背景は、竹を残したまま青一色に変更
・3巾を2巾に変更して文字を中央に
・右端に「創業安政二年」 左にお名前を追加

ご使用中のお写真
↓↓↓





まだいきます
ドンっ
↓↓↓

こちらは
・背景はそのまま
・縦に並んだ丸模様を小さくして横向きに変更
・「洋食 HAKURO」 を 「ランチタイム 和創作料理 ハレの日」に変更

ご使用中のお写真
↓↓↓





最後にもうひとつ
↓↓↓

こちらは
・背景の柄はそのままでお色を変更
・「まんじゅう本舗」 を 「和食ダイニング」に変更

ご使用中のお写真
↓↓↓





いかがでしょうか?
ご覧頂いた様に、デザインサンプルの雰囲気そのままの仕上がりもあれば
お色を変更することで雰囲気がガラっと変わる事もあります。

デザインサンプル103の事例の様に
巾数やサイズなどもご自由に変えて頂けます。

とにかく自由ですので、このプラン使わない手はないですよ(笑)

お色に関しましては、どうしてもこの色で!
というお色がありましたら、サンプルなど送付していただければ
出来る限り近づけさせていただきます。

あとは、無料の生地(色)見本帳をご用意させて頂いております。
そちらの色でご指定頂く事も可能ですので、是非ご利用ください。

生地見本帳無料請求はこちらから
↓↓↓
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html




上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

のれんを作りたい!でもデザインが決まらない。そんな時は…

2017年05月17日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

今日は
「のれんを作りたい!でも、デザインが決まらない」
そんな時のお助けプランをご紹介したいと思います。

その前に、少しだけ失礼致しまして…
私事ではございますが、先日14日に37歳になりました。

この歳になったことよりも、楽しかった高校時代が20年も前…
ということが、なんだか切ないです。
記憶の中ではついこの間の事なんですけどね。

そりゃ、いろんな事が変わりますよね。
今、遠い目をしています…(   ̄ー ̄)

ちなみに、弊社の岸岡社長も同じ5月14日生まれなんです!
入社してから今年で13回目、毎年社長と一緒にお祝いをしてもらっています。

お祝いというのは、ハクロマークでは毎年誕生日に
似顔絵入りの寄せ書きや、Q&A特集(←どう説明すればいいのか分からない(汗))
など、何かしらプレゼントを頂きます。


今年は思考を変えて
「ハクロマークで作れるオリジナル商品をひとつプレゼント♪」
という、新たな試みです。


3月に、オーダーのれんドットコム店長の福本も
こちらのブログ↓↓
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000167.html
で紹介しておりますが、私も同じくのれんをプレゼントして頂きました。

なんとか自分でデザインしてみよう!と思ってはみたものの
理想のデザインがなかなかまとまらず、結局デザイナーの林さんに泣きつきました。

雑貨屋さんぽい感じで〜
グレーに近いような茶色で〜
レース柄がポンポンってあって〜
この文字を入れて〜

と、なんともざっくりとしたキーワードで丸投げしました。
「林ちゃん、ごめん!」と思いながら仕事をしていると、ほんの数時間後
「これっ!まさに私の理想!!」というデザインを持ってきてくれました。

何回「すご〜い」と言ったことか!


完成したのれんがこちら
↓↓↓



厚かましくも、結構なサイズにしたため
社長にも持って頂いた上にフレームアウトしております。

隣の大井さんは、大漁旗に息子さんへの想いを込めたプレゼント。
素敵ですね♪


今まで、数え切れない程のれんを手にしてきたのですが
自分のためののれんは、嬉しさと妙に照れ臭い感じと、なんだか不思議な感じでした。

お客様にも、お客様だけのオリジナル商品を手に取られた時に
こんな感動を味わって頂ける様に、気持ちを込めて製作しよう!と改めて思いました。


デザインしてくれた林さん
印刷してくれた小形さん
縫製してくれた小坂さん
この企画を承諾してくれた社長
ありがとうございました。

とてもいい体験、思い出が出来ました。


デザイナーは理想のデザインになるまでとことんお付き合いします
印刷担当者は理想のお色になるまでとことんお付き合いします
そして、私達縫製部門はそのやり取りをムダにしないよう、丁寧に仕上げる事を心がけます。

ですので、安心してお問い合わせ下さいませ。


そして、忘れてはいけません!
ここからが今日の本題です。
遅っ(笑)

今回の私の様に
「のれんを作りたい!でも、どんなデザインいにしたらいいか分からない」
「なんとなく考えてはいるものの、どうすればいいのか分からない」
という方のために、デザインサンプルを多数ご用意させて頂いております。

まず、豊富なデザインサンプルの中からお好みのデザインを選んで頂きます。
そして、そのサンプルの色や文字、レイアウト等、全て無料でご自由に変えて頂く事が可能です。
こちらのプランご利用して頂くと、デザインに迷うことなく簡単にオリジナルののれんが作れます♪

詳しくはこちらのデザインサンプルのページをご覧下さい。
↓↓
http://www.order-noren.com/noren/sample.html

同様に、日除け幕のデザインサンプルも豊富にご用意させて頂いております。
↓↓
http://www.order-noren.com/hiyokemaku/sample.html


お好みのデザインがありましたでしょうか?
参考にして頂けたら、と思います。


以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

「線」の角度にもこだわりを。

2017年05月12日
皆様こんにちは。
オーダーのれんドットコムの小林です。

だんだんと気温も高くなり
日中は暑いと感じるほどになってきましたね。

最近は夜風がとても気持ちいいです。
ただ、朝晩は冷える日も多いので
風邪など引かないように気をつけてまいりましょう。


さて、前回と今回2回のブログに分けて
「線」が持つ特性や活用法をご紹介しています。

前回は線そのものの太さや長さを変えることで異なる
印象の違いについてご紹介させていただきました。
直線自体にそれぞれ違う意味があるのは面白いですよね。


今回は線の角度で変わってくる印象について
ご紹介させていただきます。

まずは、これからの季節
シャツなどのおしゃれアイテムで重宝される水平線(ボーダー)。

無限に広がる地平線などを連想する方も多いはずです。
落ち着きや、静けさ、いずれも静かで安心感がある印象を与えることが出来ます。




続いては垂直線(ストライプ)。

水平線と同じく直線的で明快なものですが
落下や上昇などの上下運動。または、強い運動力を感じさせることも出来ます。




最後に斜線。

物が傾いた時の不安定な感覚を抱かせることも出来ます。

でも、飛行機の上昇・下降のように
空間を突き破るような躍動感を与えることも出来る
何とも不思議な線の角度です。


―――線――――
この細長い形のみで
長さを表したり、方向性を表したり、動きを表したり・・・等々
意識しないと中々気づくことはできないけれど、
デザインをしていくなかでは非常に重要な役割を果たしてくれます。


魅力たっぷりの線。
これからは些細な「線へのこだわり」にも
意識していきたいものです。

以上、オーダーのれんドットコムの小林でした。



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事