このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2018年03月

2018年03月

透け感のある生地「トリコット」

2018年03月07日
オーダーのれんドットコムの小形です。

今回は以前

「のれんの新しい生地のご紹介です!
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000235.html

でご案内した「トリコット」について
再度ご紹介します。



トリコットは、つるっとした手触りと
「透け感」が大きな特徴です。

但し透けるといってもそんなスケスケではなく
のれん一枚挟んだ先に人が立っても
相手の顔が分からないぐらいの透け感。
こういう言い方でご理解いただけますでしょうか?

「人の顔が分からない程度」ということは
お客様は「人の目」を気にしなくても良くなるため
トリコットで作ったのれん1枚で
お客様はリラックスできる一方で
お店側もお客様の動きが分かります。

飲食店のようなロケーションで、
間仕切りとしてお使いになるのに、
最適なのれんの生地ではないでしょうか。

また生地に涼感があるので
目の詰まったのれん生地より見た目も涼しげで
風を感じるのれんをお作りいただけます。
もちろん実際、風も通ります。

夏場の大活躍が期待されるのれん生地です!

トリコットと同じように目が粗く
透け感のある生地に麻風スラブがありますが
麻風スラブは麻の質感を再現したのれん生地のため
茶色く生成りがかっています。

「透ける」デザインで「白い」のれんを考えている!
和に寄りすぎたくないけど「透け感」がほしい!
そういったのれんをお作りになりたい場合は、
トリコットの生地がおススメです!

ただ一つ注意が必要なのは
麻風スラブと同じで
「生地の目が粗い」ということは、
文字やロゴの再現性が劣るということを意味します(下の動画参照)。

ですから20mm角以下程度の小さな文字は
潰れて読みにくくなります。

トリコットでのれんの製作をお考えになる際は、
小さな柄などは再現しづらいので、
デザインにはご注意ください。



このような面白い特徴のある
のれん生地「トリコット」ですが、
実は製造泣かせの生地でもあります。
というのも・・・

のれんの製造過程で
生地に染めを行う前に、一度熱をかけて
軽く生地を収縮させる工程があります。
その工程でトリコット生地の扱いが良くないとシワが入り、
染めた際にのれんの模様みたいになってしまうのです。

前工程だけでなくのれんを実際に染め上げる工程でも
取り扱いによってはシワが入ったりします。

トリコットは繊細で手のかかるのれん生地なのです。

それだけに生地の下準備から染め上げまで
集中して丁寧に行いますので、
すごく作り甲斐と達成感を感じる
のれん生地でもあります。

お客様にお渡しするのれんには、
シワが決してできないように、
細心の注意を払って製作いたしますので、
安心してくださいね。

ぜひ新しいのれん生地
「トリコット」に触れてみて
ください。

生地見本帳の請求はこちら
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

以上オーダーのれんドットコムの小形でした。

関連記事
のれんの新しい生地のご紹介です!



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

のれんのいろいろな仕様Part.1 「関東のれんのチチ」

2018年03月14日
皆様こんにちは、オーダーのれんドットコムの長倉です。

朝晩はまだ少しひんやりとしますが
日中はぽかぽか陽気で過ごしやすくなってきましたね。
卒業シーズンでもありますが
我が家では先日、長女が中学校を卒業しました。

卒業式では、卒業生代表の答辞に感動して涙していた私でしたが
大半の生徒が号泣しながら退場していく中
ニコニコ…いや、ニヤニヤしながら退場していく娘を見て
なんとも複雑な気持ちで終わった卒業式でした(笑)
明るく逞しい子に育ったんだと捉えることにしました( ̄∀ ̄)ゞ

卒業を迎えられた皆様、おめでとうございます。

さて、今回は「のれんのいろいろな仕様」第1弾をお届け致します。

第1弾は、「関東風のれんのチチ」についてです。

関東風のれんのチチは通常、両端と各継ぎ目
1巾の幅が300oを越える場合はそれぞれの真ん中にひとつ。
1巾の幅が大きくなってきますと、真ん中にひとつでは済まないこともありますので
その場合は、だいたい150mm〜200mm間隔でつけさせていただきます。

こんな感じになります。
↓↓↓


ですが、必ずこの位置、このサイズでつけないといけない訳ではありません。

こちらをご覧ください。

こちらはお客様のご要望で、チチの位置を変更させていただいたものです。
このように、のれんを掛ける場所の都合や
チチが柄にかかってしまう、などの理由で変更されることがあります。

その他、チチのサイズに関しまして
弊社の標準がW30mm×H90mm(のれん本体に縫い付ける部分30mm+外側に出る部分60mm)になります。
そちらもご要望いただければ、大きくも小さくも変更可能です。


あとは、両端のチチを2個にする。なども可能です。


このように、ご要望いただければ
可能な限り対応させていただきますので
まずはご相談くださいませ。

お客様の製作事例もこちらからご覧いただけますので、ご参考までに。
http://www.order-noren.com//archive/tag.0001.html

以上、「のれんのいろいろな仕様」第1弾
「関東風のれんのチチ」についてお届けしました。

次回は、「スリットの長さ」「スリットの重なり」についてお届け致します。

オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

アピールは店頭から!写真を入れて レッツ集客

2018年03月20日
皆様こんにちは。
オーダーのれんドットコムの小林です。

突然ですが、質問です。
どちらのメニュー表の方が、
「当店自慢のオムライス」を注文してもらえそうだと思いますか?
↓↓↓






Aを選びたくなっちゃいませんか?

私なら、絶対にA!

なぜなら、美味しそうな写真が入っているから。

いつも、お店を選ぶのも、食事を選ぶのも
「写真命」で選んじゃってます( ̄▽ ̄;)笑

でも、こう思うのは私だけじゃないはず!

元々は、ハンバーグを、食べたいと思っていたけど、
美味しそうなオムライスの写真を見たら、そっちの方が美味しそうに見えて
気づけばオムライスを注文・・・・・・よくあることですよね。笑

そうです。
写真は、さまざまな情報を一瞬にして
受け取り手に伝えることができるツールです。

オムライスの写真を見ただけで
「どのくらいの量で、卵はどのくらいの焼き加減で、ソースはケチャップではなくデ
ミグラスソースで・・・」という真実を
より正確に瞬時に伝えます。

だから自慢の商品こそ、
是非とも写真を入れてアピールしていくべきだと私は思います。



↑↑↑

このように日除け幕にお写真を入れると
集客効果もバッチリです!

是非ともお写真を積極的に入れて、瞬時に思わず心惹かれる
素敵な のれん、日除け幕を作っていきましょう。

以上、オーダーのれんドットコムの小林でした。

関連記事

インスタ映えとのれん

 のれんに食べ物の写真・イラストを使うときに気を付けたいこと



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事