教えて!Q&A

合計15件のQ&Aが見つかりました。

  • のれんの防炎加工は出来ますか?

    はい、出来ますのでご安心下さい。防炎に関しましては、いくつか注意点がございますので、以下お読みになって下さい。 【防炎とは?】 まず防炎の定義ですが一般に、燃えやすいものに着火した時、その部分が黒く焦げるだけで、燃え拡がらない性質のことをいいます。...

    もっと見る

  • 防炎加工はしなければいけないのですか?

    もし、のれんを不特定多数の人が出入りするような場所、例えばスーパーや百貨店の中であったり、展示場や旅館、ホテル、飲食店、病院など、「消防法八条の三」で定められた場所でお使いになるようでしたら、防炎加工が必要になります。 防炎防火対象物(防炎物品を...

    もっと見る

  • 店の外で使うのれんでも防炎加工は必要でしょうか?

    屋外で使われる場合は、のれん・日除け幕共に、基本的には防炎加工は必要ありません。 防炎加工を必要とするのは、不特定多数の人が出入りする施設や高層建築物、地下街などでご使用になる場合で、そこでは 「防炎物品」ののれんを使用することが義務づけられており...

    もっと見る

  • カーテンやエプロン、寝具等では洗濯をしても防炎効果は落ちないのに、なぜ御社ののれんは、洗濯をすると効果がなくなるのですか?

    おっしゃる通り、弊社の防炎加工は洗濯をすると効果が無くなってしまいます。 洗濯をしても効果が落ちない防炎加工をするには、現在使用しております防炎処理剤とはまた違う、別のものを使う必要があるのですが、その処理剤は、我々がのれんの染めで使う染料とは相...

    もっと見る

  • 防炎品には「防炎物品」と「防炎製品」の2種類があると聞きました。これはどういうことでしょうか?

    防炎品には、消防法で義務付けられているものとそうでないものがあり、 前者を「防炎物品」、後者を「防炎製品」と呼びます。 例えば、不特定多数の人が出入りする施設や高層建築物、地下街などで使用する 「のれん」などは防炎が義務付けれていますので「防炎物品...

    もっと見る

  • 防炎加工の証明書は貰えますか?

    はい、可能ですのでご安心ください。防炎加工ののれんをご注文頂いた場合、必ずのれん本体に防炎シールをお付けしております。 通常このシールが防炎加工の証明になりますが、消防署によっては防炎加工の証明書の提示を求められる場合があります。 防炎加工の証明...

    もっと見る

  • 今使っているのれん(他社で買ったもの)を送るので、防炎加工だけしてもらえますか?

    恐れ入りますが、他社製品ののれん(当社でお作りしたもの以外)はお断りをさせていただいております。当社の防炎加工剤との相性が分かりかねるからです。 今現在、当社のほうで防炎加工できる(防炎効果を発揮する)生地および印染方法は、以下のものだけです。 ・...

    もっと見る

  • 防炎加工のシールだけ買えますか?

    申し訳ございませんが、シールだけの販売はできかねます。 と言いますのも、そういうこと(シールだけの販売)を許してしまいますと、シールだけを手に入れ、防炎加工をしていないものに貼り付けることが可能になり、防炎(シール)の信頼性が失われてしまう為、禁...

    もっと見る

  • のれんに撥水加工はできますか?

    はい、出来ます。別途費用はかかりますが是非ともお勧めしたいオプションです。 なぜのれんに撥水加工がお勧めなのかというと 1)水を弾く 2)それによって汚れが付きにくい 3)それによって色褪せを防ぎ長持ちする などのメリットがあるからです。 2)の防汚効...

    もっと見る

  • のれんに撥水加工するのとしないのとで、色褪せは違ってきますか?

    はい、大きく違ってきます。 そもそもなぜ色褪せするのかと言うと、太陽光や雨風などが、のれんにあたって生地に入り込むからです。それが、撥水加工によって生地の中に入り込むことなく光や雨水を弾くことになれば、当然色持ちも長くなります。汚れも付きにくいで...

    もっと見る

  • 撥水加工した場合、効果はどれくらい持ちますか?

    ご使用環境にもよりますが、2年程度とお考え下さい。時間と共に撥水効果は徐々に落ちてきます。屋外で雨風にさらされるような場所でお使いでしたら、より短くなるとお考え下さい。 洗濯をしても撥水効果がなくなっていきます。それは、目には見えませんが表面の撥水...

    もっと見る

  • のれんの撥水加工で注意点はありますか?

    撥水加工の注意点を3つお伝えさせて頂きます。 一つ目は、洗濯をしますと目には見えませんが撥水の被膜がひび割れ、そのままだと、そこから水が入り込んでしまい、撥水効果がなくなってしまいます。 但し、アイロンをかけて頂くと、ひび割れは修復され、再び同じよ...

    もっと見る

  • 撥水加工や防炎加工をすると、色が変わるなど、何か変化はありますか?

    色の変化はありませんのでご安心下さい。違う点を上げると、糊付けしたように生地が少し固くなります。但しそれもお使い頂いている間に柔らかくなってきますのでご安心ください。

    もっと見る

  • 撥水クロスの撥水性能は、生地に撥水加工した場合と比べどれくらい違いがありますか?

    撥水効果性能に違いはありません。撥水クロスも、撥水加工と同じ程度の撥水効果がございますのでご安心ください。 撥水クロスの撥水効果については動画をご用意してますのでご覧になってください。 通常の生地に撥水加工したもの、していないものに水をかけたの...

    もっと見る

  • 撥水クロスは、防炎加工できますか?

    残念ですが「撥水クロス」は防炎加工ができません。 撥水クロスはその名の通り、元々撥水加工された生地で最初から撥水性能があります。ですので染めた後に撥水加工をする必要がなく、つまり納期が余分に一週間かからないメリットがあり、大変人気の生地です。その...

    もっと見る

1234567890

1234567890

1234567890