教えて!Q&A

のれんの撥水加工で注意点はありますか?

撥水加工の注意点を3つお伝えさせて頂きます。

一つ目は、洗濯を繰り返しますと目には見えませんが撥水の被膜がひび割れ、そこから水が入り込んでしまい、撥水効果がなくなってしまいます。

但し、アイロンをかけて頂くと、ひび割れは修復され、再び同じように撥水効果を発揮するようになりますのでご安心ください。洗濯及びアイロンの繰り返しは20回くらいまでなら大丈夫です。

雨に濡れる場合も同じとお考えください。最初は水を弾きますが、雨に濡れる度にひび割れてきますのでアイロンを当ててください。

二つ目。
撥水加工は余分に1週間お時間がかかりますので、余裕を持ってご注文下さい(これを避ける為に、元から撥水加工済みの「撥水クロス」という生地を使う方法もあります)。

最後、三つ目。
撥水加工と防炎加工は同時にはできません(撥水クロスも防炎加工はできません)。どちらか一方だけになります。

以上が撥水加工における注意点となります。ちなみに、撥水加工のやり方としては一般的に、撥水の溶剤の中に漬け込む方法と、撥水の溶剤をのれんにスプレーする方法の二通りありますが、当店のやり方は前者になります。スプレー式だと、どうしてもムラになってしまう率が高くなるからです。

このご質問は役に立ちましたか?

1234567890

1234567890

1234567890