暖簾うんちく

元々は屋内に直接、風や光が入るのを防いだり、目隠しとして使われていた暖簾。

そして戦前は、ごはん屋さんや居酒屋さんでお客さんが出て行く時に肴をつまんで汚れた手をちょっと「暖簾」で拭いていく、そんな習慣もあり、のれんが汚れている店ほど「繁盛しているお店」と言われていたとか。

今では、閉店になるとまずのれんを片付けるので、出ていると「営業中」という合図にもなっています。

そんなさまざまな目的やメッセージが込められている暖簾はいつどこで生まれ、どのような変遷を経て今に至っているのでしょうか?またのれんの種類にどのようなものあるのでしょうか?

ここでは、のれんの歴史や暖簾に関するトリビア、いわゆる雑学的な事柄や知識、豆知識をご紹介します。

題して「暖簾うんちく」です。

暖簾のはじまりと変遷

布の看板とも言われる暖簾は実は、アメリカはもちろんヨーロッパ、アジア他、中国でも決して見ることのない日本独特のものです。

発祥は定かではありませんが、平安時代末期に作られたとされる絵巻物に、庶民の家に架けられた暖簾が既に描かれていることから少なくとも平安時代には存在していたと推察されます。

当初は、日差しをよける、風をよける、塵をよける、人目をよける、などを目的に農村、漁村、山村の家々の開放部に架けられていました。
デザインは無機質な白無地や色無地が主でしたが、
そこに、ある種の「メッセージ」が入るようになったのは鎌倉時代以降のこと。暖簾の真ん中に、さまざまな文様が描かれるようになったのです。
それ以前はと言うと、せいぜい色によって業種などをあらわしている程度で、鎌倉期になってようやく「メッセージ性」が意識されるようになりました。

室町時代になると、あらゆる商家がそれぞれ独自の意匠を入れはじめ
屋号や業種などを知らしめるメディアとしての機能を担うようになりました。
と言っても文字ではなく、動物や植物から色々な道具類のかたち、
天文地理から単純な記号等で、それは文盲が多かったその頃は
文字よりもモノの形の方が人々は分かり易く親しめて印象度が強かったから。
時には、記された絵や文様がそのまま屋号になったものもあると言われています。

暖簾に屋号などの文字が入るようになったのは桃山末期頃からとされていますが
江戸時代に入り庶民の識字率が高まると、文字の入った暖簾が広く使われるようになります。

特に寛永・延宝時代(1624~1681)には、屋号、業種、商品名等文字を染め抜いたいわゆる白抜きのデザインが多く見られ、 商家にとっての主要な「広告媒体」として、普及していきました。

またこの頃から素材も、染色の困難な麻から染色のしやすい木綿に変わり始め、
同時に色も多様化してゆきました。

色の使い分けについては、伝統的に業種によって約束事があったようで(次項「業種毎に定められていた色の決め事」参照)、にもかかわらずそのルールを破ったばっかりに、人々の笑いものになり店じまいをすることになってしまった呉服屋などの例もあると言います。

業種毎に定められていた色の決め事

今でこそ、染料や生地、染色技術、設備など、暖簾製作に必要なものはどれをとっても格段に進歩していますが
昔は技術的にも低く、生地や染料など材料面においても限られていたために、もっとも簡単だった麻布の藍染めがほとんどでした。

その後、技術の発展と共に染色しやすい木綿の生地が普及するようになると、さまざまな色に染められた暖簾が出現するようになりました。

実は暖簾の色使いに関して、昔はある程度業種によって約束事がありました。
例えば手堅さを重んじるような商家は紺色や藍色、お菓子屋や薬屋は白色、といった風に。

紫は本来高貴な人だけに許された色で、庶民にとっては「禁色」といって、暖簾には決して用いてはならない色でした。ところが江戸時代になると、金融機関から借金したものは返済が完了するまで紫の暖簾を架けておかなければならない決め事があったという、興味深いエピソードもあります。

以下、参考までに色ごとに定められていた業種をご案内します。

  • 紺・藍

    堅実商法を旨とする商家は、藍染による、藍色や紺色を多く使った。一度染めによる薄藍色から 何度も何度も染め重ねた濃紺まで種類は多い。また藍の香りは虫が嫌がって寄り付かないため、その特性を利用し特に酒造業呉服商の多くが藍を使用したという。

  • 柿色とは、「かちん染め」と呼ばれる技術から生まれる赤茶色のこと。吉原・島原などの花街では、遊女の最高位の太夫がいる店や太夫を招くことのできる揚屋(高級料亭)だけに許された色だった。しかし太平の世となった元禄のころになるとその伝統は崩れ、柿色の暖簾はあちこちの遊女屋で架けられるようになり、やがては大きな料亭などでも使われるようになった。

  • 白地に店名や商品を墨書きしたパターン。特に京阪地域では、紺無地の暖簾でもその中の一布だけは白生地にし、そこに屋号や商標を記していたという。菓子商食べ物屋さん薬種商に多く使われていた。菓子商が好んで白を使ったのは砂糖のイメージから、薬種商は当時砂糖を薬として使っていたからだとの節がある。今では、夏には白生地を、冬には色物をという使い分けをするお店が多い。

  • 茶色にも色々あるが、少々黄みがかった茶色(黄土色)は煙草商薬種商種苗商の暖簾で広く使われた。特に江戸時代の煙草商でもっぱら使われていた色。しかし時代が下るにつれ、だんだんと暖簾の色に対する約束事も薄れてくるにつれ呉服商菓子商茶舗などにおいても広く使われるようになった。

暖簾のサイズや形、種類

のれんは布製のものが一般的ですが、中には縄のれんや竹、木管、ガラス玉やビーズ、また瓢をつないだ珍しいものまで色々あります。

また、かける場所や使用目的の他に、丈(高さ)の寸法などによっても呼び名があります。簡単に説明しますと、標準的なサイズは丈が昔の鯨尺の3尺(113㎝)で、その丈の長短によって呼び名が変わります。

例えば、標準丈の半分の長さ、要するに56cmくらいのサイズのものを半のれんと呼び、店内の様子や陳列品をわざわざ見せるために半分の長さにしたと言われています。
また、1m60cmくらいのサイズのものを長のれんと呼び、出入り口いっぱいにかければ目隠しの役目を、又商品などを置いた台の前にかければ、日除けの役割を果たします。

布丈40cmくらいの短めのサイズのものは、水引のれんと呼び、店の間口いっぱいの軒先に張ります。他のタイプの暖簾は閉店と共にお店の中に取り込みますが、水引のれんだけは夜間もずっと付けっ放しにして、家印としていました。

横幅のサイズは約34cmを一布とし、当時は三枚布がもっとも多かったとのこと。今では、いろんな布数のものがありますが、五枚布や七枚布など比較的奇数が多いのは、「余りが出る」ので商人には縁起がよい、と考えられていたためです。仕上げは布丈の上部を縫い合わせ、上辺に棒を通すための乳(チチ)と呼ばれるわっかを縫い付けます。

また、割れ目のない一風変わった暖簾もあります。大風呂敷のような一枚布の上辺下辺に乳を縫い付け上端を軒先に、下部を道路にせり出させて取り付ける日除け暖簾と呼ばれるものです。風にあおられるとバターン、バターンとまるで太鼓をたたくような音がすることから、別名「太鼓のれん」とも言われますが、残念ながらこののれん、街道の道幅が狭かった京都、大阪では余り普及せず、主には道路の広い江戸で広く使われていたようです。

標準布丈の半分、すなわち56.7cmのサイズのものが半のれん。店内の様子や陳列品を見せるため、半分の長さにしたと思われる。すし屋やそば屋などの飲食店に多く、「暖簾をくぐる」という感覚に近い。

詳しくはこちら

約1.6mの長めのサイズの暖簾。出入口いっぱいに架ければ目隠しの役目を、また商品などを置いた台の前に架ければ日よけの役目を果たす。

詳しくはこちら

布丈40cmほどのサイズのものを、間口いっぱいに軒先に張ったもの。当初は切り込みのない幕状で、塵よけが目的だった。他の暖簾は夜間は取り込むが、水引のれんだけは夜間も架けっぱなしとした。

詳しくはこちら

切り込みをつけず大風呂敷のような一枚布の上下にチチをつけ、上端を軒先に、下端を道路側にせり出させて固定したもの。風に煽られるとパターンと音をたてることから「太鼓のれん」とも。

詳しくはこちら

その他、かける場所や使用目的、絵柄、材料等によって名付けられた色々な暖簾を以下に紹介します。

暖簾の種類

座敷暖簾(別名床暖簾)

店の間と居間との間仕切り、目かくしなどに使われたもので、長暖簾のものが多い。かける位置からの呼称である。

絵暖簾

商標、屋号以外のさまざまな絵や、文様を染めぬいた暖簾。加賀地方の花嫁暖簾は、絵暖簾でもあり、座敷暖簾でもある。

加賀暖簾

金沢地区独特の染で、縁起模様をしるした絵暖簾の一種で、日常に使う単純な文様のものから、華麗な花嫁暖簾までを含めていう。

加賀の花嫁暖簾

加賀地方特有の風習で、花嫁がこし入れの時持参する長暖簾。上部に実家の紋章を入れ、すそに松竹梅や宝珠などさまざまな縁起模様を染めたもの。多くは絹地、ちりめん地に多色の加賀友禅で、たいへんに華やかなものである。式後数日間、新郎新婦の居間にかけたものである。現在も口能登地方の一部にこの風習が残されているそうである。

祭り暖簾

花嫁暖簾とよく似ているが、11巾もの巨大なものもある。秋田本荘地区で祭礼時や祝いごとに使われる草木染の座敷暖簾。この辺では祭り暖簾と呼んでいた。

花暖簾

昔から芝居小屋、劇場の楽屋入り口にかけた長暖簾。団十郎の三桝紋、羽左衛門の橘紋など、楽屋を使用する役者の紋を染めぬいたものが多く、楽屋暖簾とも呼ばれている。

縄暖簾

昔は縄すだれと呼んでいたという。この頃では居酒屋の代名詞にもなっているが、めしやをはじめ煮物屋、麹屋、菓子屋などさまざまな店に使われている。出入り口にかけた縄暖簾が、外の明るさと内の暗さを仕切り、蝿が暗さをきらう習性から、蝿除けに効果があったからといわれている。

竹暖簾(別名管暖簾)

細い女竹(篠竹)を10センチ前後に切り、芯に細紐を通し十数個をつないで一本の竹状にし、これを数十条ならべて暖簾にしたもの。木管のものもあり、別名くだ暖簾とも呼んでいる。

珠暖簾

ガラス玉やビーズに細紐を通して暖簾にしたもの。かき氷屋などでよく見かけたものである。なかには木珠や、珍しいものでは瓢(ひさご)をつないで暖簾にしたものもみられる。

くぐり暖簾

店の間と奥との通路の境にかけた暖簾。屋号や家紋だけを染めぬいたものが多い。座敷暖簾(床暖簾)と同様に、かける場所からきた呼称である。

簾(すだれ)

このはじまりは古く弥生時代からといわれ、暖簾の原型ともいわれている。細い丸竹や割竹を縄や細紐で編んだもの。現在でも京都をはじめ地方の町家で多く使われている。

地域による違い

関西と関東では、暖簾にいくつかの違いが見られます。
その一つが、仕上げ方法。

一般に、のれん発祥の地京都では「袋縫い加工」といって、上辺をトンネル状に縫い上げますので、棒を通しても見えなくなるのに対し、江戸では、チチ(乳)という布地をわっかにして上部に縫い付ける方法をとります。そのため暖簾棒は「袋縫い加工」と違い、はっきりと見えることになります。
これは、「隠す」ことをよしとする京都と、「現す」ことをよしとする江戸の文化の違いによるものと言われています。

また、道路にせり出して取り付ける「日除け暖簾」は物資や人の往来を妨げるため、道路幅の狭かった京都や大阪では許可されず、比較的道路幅の広かった江戸や街道筋でのみ許されたことから、特に江戸の地で広く普及したとされています。

またデザイン面でも、江戸は文字が大きく、京都は文字が控えめで上品。
それは、意匠やデザインの先進都市としての京都の伝統のほか、極端に目立つことを嫌い、周囲や環境との調和に腐心しながらもさりげなく、おしゃれに自己主張する、京都人特有の洗練された感性によるものと思われます。

こうして、入る内容や色、生地、サイズ等においてさまざまな工夫と変遷を経て、今日まで連綿と受け継がれ、発展してきた暖簾。
今では部屋の間仕切りなどインテリアとしても使用されることも多くなり、そのニーズは世界にまで拡がっています。

参考文献

  • 日本の暖簾-その美とデザインー 高井潔著 グラフィック社刊
  • 暖簾風土記-伝統美をさぐる 増田正著  朝日旅の百科別冊

よくいただくQ&A

1234567890

1234567890

1234567890