ペットショップののれん

のれんの活用で集客アップを図ろう!

ペットショップは、ペットの販売が主な業務ですが、
通常の販売業と違う点は「家族の一員を迎える」という感覚で来店する人が多いことです。
これは、ペットショップの店頭にのれんを設置したりデザインを考えたりするうえで重要な視点です。

ペットを自宅で飼育するためには、当然ですが「ペット飼育に適した住環境」が必要です。
そのため、引っ越しに合わせてペットの購入を考える人は少なくありません。
ですから、引っ越しシーズンには「新居に新しい家族も迎える」ことをイメージしやすいのれんを掲げるとよいでしょう。
庭付きの戸建て住宅で飼育しやすいペット、マンションなど集合住宅で飼いやすいペット、などについてアピールできると集客アップにつなげることができます。

店舗によっては、ペットホテルを併用しているペットショップもあります。
その場合は行楽シーズンに合わせて「ペットホテル」ののれんを作ると顧客へのアピールになりますし、
ペットホテルの存在を知らなかった人にも気づいてもらえます。
その際、料金の目安なども簡単に入れるといいでしょう。
例えば「1泊2,000円〜」といった具合で入れておけば、利用を考えている人の問い合わせにつながります。
預かっている間シャンプーやグルーミングにも対応できる場合は、その内容も加えておくとさらに親切です。

のれんは店舗の入口だけでなく、店内で吊るす使い方もお勧めです。
例えばコーナーごとに使い分けるのも楽しい使い方といえます。
のれんというと和風な印象を受ける人は多いかもしれませんが、色の使い方やデザイン次第で可愛いのれんが製作できます。
ペットショップなら「猫の赤ちゃんはこちら!」や「すぐにお散歩できるワンちゃん」など、ペットの種類や成長に合わせたコーナー分けが可能です。
ペットショップには、生活環境や好みに応じてさまざまなペットを求める人が訪れます。
店内に入った時点で、自分が求めるペットはどこにいるのか分かり易いよう、のれんでコーナー分けをしてあげましょう。
暖色系やビタミンカラーなど明るめのカラー使いを中心にすれば、可愛くて元気なペットを印象づけることもできます。

実際にご購入いただいたお客様の声

当店を選んだ理由

当店を選んだ理由

ぶっちゃけお値段が安いことが一番。

ペットサロン Pooka 片岡様

2011年8月22日

今回、日除け幕が欲しいと思ったきっかけは、お店が大きな道路沿いにも関わらず、御洒落にこだわったお店は、何のお店か遠目からはなかなかわかりづらかったので、お店のコンセプトに合ったかたちで車から一瞬見...

お客様からのご質問

路面店のペットショップです。入りやすいように入口にのれんを掛けようというプランがあります。ペットショップに向いた犬や猫のイラストを入れたのれんを作りたいのですが、デザイン出来ません。どうしたら良いですか?

ペットショップ内の「犬・猫エリア」「ペットフーズ」「おもちゃ」をのれんで仕切ってエリア分けをしようと思っています。少し長めで作りたいのですが、どれぐらいが適正な長さでしょうか?

犬や猫の写真を入れた可愛らしい日除けのれんを作ろうと考えています。写真は支給しないといけませんか?何かそちらで用意されたフリーの写真はありますか?

爬虫類専門のペットショップです。どうしてもマニアックに見えてしまうので誰でも入りやすいように入口にのれんでも付けてみてはどうかという声が上がっています。あまり爬虫類のイラスト等は入れないほうが良いでしょうか?

ペットショップの2階にペットホテルも併設しています。2階への上がる階段の入り口にのれんを付けようかと考えています。突っ張り棒のようなもので付けようと思いますが、突っ張り棒も販売していますか?

デザインが決まっていない方は、デザインサンプルからのご注文がオススメです!

1234567890

1234567890

1234567890