教えて!Q&A

防炎加工はしなければいけないのですか?

もし、のれんを不特定多数の人が出入りするような場所、例えばスーパーや百貨店の中であったり、展示場や旅館、ホテル、飲食店、病院など、「消防法八条の三」で定められた場所でお使いになるようでしたら、防炎加工が必要になります。

防炎防火対象物(防炎物品を使用しなければならないところ)はこちら
http://www.jfra.or.jp/member/pdf/buppin_pamphlet_etc.pdf


ただ実際には、例えば郊外のロードサイドで個人で営んでいらっしゃるような飲食店の場合、管轄の消防署によっては、防炎が必要でなかったりする場合もあります。

またサイズによっても防炎の要不要が変わることもあります。このサイズ以上なら防炎が必要、それ以下なら不要ということです。そしてそのサイズの基準自体も地域によって色々のようですので、実務的には管轄の消防署予防課にお問合せを頂くのが一番です。

ただ、大きなショッピングセンターなどでは、安全管理上、独自の判断基準で防炎加工品を使うよう義務付けているところもあるようです。法律上は問題がなくても、施設管理者が防炎加工品の使用を求めていないかも合わせてご確認頂くとより安心です。

防炎加工したのれんには証明シールが付いていますので、施設管理者の方にも納得して頂けます。
お手数ですがお尋ねになってみてください。

このご質問は役に立ちましたか?

1234567890

1234567890

1234567890