このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2019年12月

2019年12月

さりげなく存在感を出すのれんの活用法

2019年12月25日
2019年ももうすぐ終わりですね。
皆さまいかがお過ごしですか?

オーダーのれんドットコムの小林です。

いきなりですが、のれんって
どういう役割を持っているか考えたことってありますか?

よく聞くのは、
「お店の看板として」
「営業中であることを示すため」
という役割。
のれんの役割

確かにのれんは、上記の役割を果たしてくれます。

だからこそ、目立ってなんぼ!
今まで、何度かこのブログでも
目立つのれんのデザインについてお話をさせて頂いておりました。
↓↓↓

【のれん・日除け幕のデザイン -もっと店頭集客力を上げるコツ-】
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000272.html

まさに「お店の ”顔”」な のれん・日除け幕のデザイン
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000312.html


が、しかし!
のれんには、上記とは違った意味合いでの使い方が期待できます。

それは、ずばり
わざと「目立たせない」使い方!!

どういうこと!?
目立たなかったらお客さんこないじゃん。と思われた方。

ここで言う目立たせないとは
「さりげなく存在感を出す」ということです。

では、どのようなシーンで
そのような使い方ができるのでしょうか?

それは高級料亭など、敷居を上げた店舗での活用です。

「一見さんお断り」という言葉を聞いたことありますよね?
新しいお客さんを次々に呼び込むことを良しとしない店舗では
「知る人ぞ知る」雰囲気を演出するのが鉄則です。



こちらのような、のれんの使い方をしてみてはいかがでしょうか?
↓↓↓
ビルにある高級店1
とあるビルの一角にある高級店。
小さな表札だけでは、あまりにもさりげなさすぎて、
現在営業されているかさえも不安になってしまいます。



しかし、ここにのれんをかけると
さりげなさや、高級感はそのままに
お店があること、また 営業中であることを示してくれます。
ビルにある高級店2
殺風景な雰囲気もなくなるので、お店の評価はさらに高くなるでしょう。


また、このような個室の場合
隠すものがないと、内部が丸見えでなんだか落ち着きません。
個室

そこで、のれんをかけると
ゆったりと過ごせる個室へと大変身☆
個室のれん

ただ、足元は少し見えるので
外から見た際に、賑わい感はそのまま
落ち着いた雰囲気は演出できるのですね。
とても万能。


このようなのれんの活用法は
人を隠すだけでなく
お店自体を隠す際にも用いられます。
高級料亭

秘密の扉を開けるような感覚で
ワクワクしますね。

こういった場合、なるべくのれんは
地面スレスレぐらいの長さの方が
容易には入りにくい雰囲気が出て
より高級感
そして、特別感が演出できます。



上品で粋な雰囲気を演出するために
のれんをかけてみるのはいかがでしょうか?

お問い合わせ・ご注文はお気軽に。
↓↓↓
http://www.order-noren.com/noren/index.html

デザインに関するご相談にものらせていただきますよ。
いつでもご注文お待ちしております。

以上オーダーのれんドットコムの小林でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2019年 12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事