このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2019年07月16日

2019年07月16日

のぼりポールを使ってのれんを掛ける方法のご紹介

2019年07月16日
こんにちは♪
「オーダーのれんドットコム」の鶴村です。

今年は今のところ、例年に比べて涼しいような気がします。
「エルニーニョ現象」が原因みたいですね。
でも、その「エルニーニョ現象」も終わってしまったようです。
だんだん暑くなりますが、負けずに元気にいたいものです!

さて今日は、イベントに出店する際に、

「のぼりポールを使ってのれんを掛ける方法」

をご紹介します♪

ずいぶん前になりますが、お客様から
「イベントに出店する時にのれんを飾りたいんだけど
ブースの周りに何もなくて、どうやって掛けたらいいでしょうか?」
というお問い合わせをいただいたことがありました。

その時は結局、のれんではなく、
左右辺を棒袋加工した横断幕に
スチールパイプをさす方法をご提案しました。

でもそれ以来、イベントで周りに何もない状況でのれんを掛ける、
何か良い方法はないかなあ、とずっと気になっていました。

そこへ!野口蒟蒻というお客様から
「これ、スゴクいい!」と思うお写真が届きました!

それがこちら!

野口蒟蒻様のれん棒受け

<野口蒟蒻様のれん棒受け>

イベントの際に、のぼりポールを利用され、
先端の回転頭というのぼり用の部品を抜いて
そこに何か、Y字の部品をさして、のれんを掛けていらっしゃるのです。

部品の部分を拡大します。

野口蒟蒻様のれん棒受け拡大

<野口蒟蒻様のれん棒受け拡大>

「なるほど!」ですよね。

思い切って、野口蒟蒻様に、何を使っておられるのかお聞きしましたら
「確か、パール何とかって言う所で買ったような…」と、教えていただきました。

それで、ここかな?と思う所にメールで問い合わせたのですが
残念ながら、そちらの商品ではないとの返答でした。

そこで、他に似たようなものがないか、ネットで探しました。
そうして見つけたのがこちら!

サンドポール

<サンドポール>

これ、釣りの道具で「サンドポール」という
砂浜に突き刺して、釣竿を立て掛ける道具です。

先端を拡大します。

サンドポール拡大

<サンドポール拡大>

この先端のパーツだけをメーカーから購入することも可能でしたが
今回は、近所の釣具屋さんでポールごと購入し、男子に引っこ抜いてもらいました(笑)
(ちなみに、ポール付きも、先端のパーツだけも、同価格でした。)

そして、のぼりポールの色に合わせて、ペンキで白く塗ってもらいました。

のれん棒受け

<のれん棒受け>

簡易式の「のれん棒受け」とでも申しましょうか。
試しにこの「のれん棒受け」を使って実際にのれんを掛けてみました!

のれん棒受け実演

<のれん棒受け実演>

ちなみに使っているのれんは、以前このブログでご紹介した
ポンジという生地で作った「短期イベント用のれん」です。
のぼりポールは「2段伸縮3mのぼりポール レギュラータイプ」
立て台は、のぼりポール用の「折りたたみ式ポールスタンド」を使っています。

「のれん棒受け」の部分を拡大します。

のれん棒受け実演拡大

<のれん棒受け実演拡大>

結構良い感じに納まりましたが、
のぼりポールとのれん受けの直径が違うことが気になり
今度はホームセンターへ探しに行きました。

のぼりポールとのれん棒の端材を持ってウロウロ…。
そして見つけました!それがこちら!

のれん棒通し

<のれん棒通し>

価格は、1つ100円〜200円位でした。
これは、簡易式の「のれん棒通し」とでも言えばいいでしょうか。

下部の、のぼりポールに差し込むところも、上部の、のれん棒を通すところも25φ、
下部は、のぼりポールの先端の回転頭を取らずに、そのままで直径が合いました。
上部も、弊社の「スチールタイプのれん棒」の直径にぴったりでした。

画像の左側のコンパクトなタイプを使って、実際にのれんを掛けてみました。

のれん棒通し実演

<のれん棒通し実演>

「のれん棒通し」の部分を拡大します。

のれん棒通し実演拡大

<のれん棒通し実演拡大>

このように、すごくすっきり納まりました!

次に、のぼりポールを「和風タイプ」に変えてみました。

和風タイプ

<和風タイプ>

イベントに和風なお店を出される場合は、こちらの方が素敵ですね♪

和風タイプ拡大

<和風タイプ拡大>

いかかでしょうか?

「イベントでのれんを飾りたいが、周りに何もなくて
どうやって掛けたらいいか困っている」方がいらっしゃいましたら
是非ご参考になさってください。

長年、なんか良い方法は…と思っていたことが
野口蒟様からのお写真をきっかけに解決して、とてもうれしいです♪
野口蒟蒻様、ありがとうございました!

今回使用したのぼりポールはこちらからご注文いただけます。
http://www.order-nobori.com/poleetc.html

のぼりの立て台のご注文はこちらから。
http://www.order-nobori.com/stand.html

これらの持ち運びに便利な収納ケースもございます!
http://www.order-nobori.com/poleetc.html#NP-L10N

以上、今回は「のぼりポールを使ってのれんを掛ける方法」をご紹介しました。
ではまた来月♪

<関連記事>
「イベント時に最適!短期利用ののれん生地をご紹介」
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000153.html
「短期イベント用のれんのご紹介」
http://www.order-noren.com/blog/home/archives/000290.html


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2019年 07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事