このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2017年08月09日

2017年08月09日

麻風のれんを作りたい

2017年08月09日
のれんと言えばやはり和の趣を求めて使う方が多いと思います。

弊社で案内しているバンテンやポプリンと言った生地でも、
和の趣は十分に感じられますが、さらにもっと和の趣が感じられるのれんにしたい。

そんなときは麻の生地でのれんを製作するのをオススメします。

しかし昇華転写では印刷可能な生地がポリエステルの物に限られるので、
天然素材で作られた麻には昇華転写印刷ができないという制約があります。
それでも麻で昇華転写の高精細な印刷をしたい。

そんなお悩みを解決できる生地があります。

それは麻風スラブと麻風生平です。

弊社で取り扱っている麻風スラブと麻風生平は、
ポリエステル100%の麻を再現した生地になりますので印刷が可能です。


麻風スラブは生地の目が粗めに織られているので麻感が強く、また涼し気な印象です。


麻風生平は生地の目が細かく織られているので、細かい文字や柄を再現に向いています。

・和の趣、より本麻に近いテイストが欲しいなら麻風スラブ。

・麻の雰囲気を出しつつ、細かい柄も表現したいなら麻風生平。

このように使い分けるとベターです。
ポリエステルの生地でどこまで麻感が再現できてるのか気になる方には
こちらから生地サンプルの請求をお勧めします。

また各種生地の現物のれんサンプルもございますのでお気軽にお問合せ下さい。

以上オーダーのれんドットコムの小形でした。


店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2017年 08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事