このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 2017年03月24日

2017年03月24日

イラストレーターデータでの色確認の方法はこちら!

2017年03月24日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの小林です。

前回のブログでは、スウォッチの特色機能についてご紹介させて頂きました。
非常に便利で使い勝手の良いこちらの機能ですが
実は、このデータの形のまま印刷会社への入稿作業を行うと
エラーや、色が変わってしまうミスが起こる可能性がございます。

もしも、スウォッチデータ「ハクロブルー」という名前のスウォッチが
別のパソコンでは異なる色味に設定されていたら・・・。
↓↓↓



こういった事態を免れるには
全てのカラーをCMYKにする必要があります。

すべてのカラーをCMYKに分解するにはどうしたらよいのか・・・。

まず、ロックされたデータや
隠れたデータがないかしっかり確認して下さい。



次に、全てのオブジェクトを選択して
編集→「カラーを編集」→「CMYKに変換」をクリック。

この作業だけで通常は全てのオブジェクトの
カラーデータがCMYKになっています。

ただ、アートボードの設定が
違うカラーモードで設定されていたりすると
この操作を行っても全てのオブジェクトのカラーが
CMYKに分解されていない恐れもございます。

また、たったこれだけの作業で
本当に色がCMYKに分解されているのか
心配になる方もいらっしゃるはず。

その場合は「ウィンドウ」➡「ドキュメント情報」➡「オブジェクト」
を選択し「RGBオブジェクト」から「特色オブジェクト」の範囲を確認します。



ここで数値がCMYK以外「0」であれば、
それは全てカラー分解されていることになります。



以上の操作でしっかり色の確認をすることが可能です。
せっかく作ったデータで誤りがあってはショックですよね。

弊社では必ずデータご入稿後に「確認書」をお送りしてますので
こういった誤植は発見していただけることがほとんどなのですが、
なるべく誤作動の起きない、綺麗なデータを作りたいですよね。

データ確認作業のひとつに「CMYKへカラーを分解」加えてみてはいかがでしょうか?

以上オーダーのれんドットコムの小林でした。


生地サンプルバナー



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2017年 03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事