このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 変わったのれん > のれんのいろいろな仕様Part.7 「斜めののれん」「チチの柄」

のれんのいろいろな仕様Part.7 「斜めののれん」「チチの柄」

2018年09月05日
皆様、こんにちは。
オーダーのれんドットコムの長倉です。

台風21号が各地に甚大な被害をもたらしています。
25年ぶりの強い台風ということで
弊社も昨日は午後から臨時休業という形をとらせていただき
ご迷惑をおかけいたしました。

幸い、ハクロマークのある姫路市は
大きな被害はありませんでしたが
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、「のれんのいろいろな仕様」第7弾です。
第1弾〜第6弾はこちら
↓↓↓
「関東風のれんのチチ」
「スリットの長さ・重なり」
「関西風のれん袋加工の切り込み」
「各割れの丈・幅」
 日除けのれん「上下の加工を替える」「ハトメの追加」「強風対策」
「スリットの隙間」「糸の色」

第7弾は「斜めののれん」と「チチの柄」についてです。

まずは、「斜めののれん」
何が斜めなのかと言いますと…

こちらをご覧ください。
斜めののれん
そうです。
のれんの下辺が斜めになっているのです。

お客様から、「のれんの下の部分を斜めにできますか?」
と、お問い合わせをいただき
「可能ですが、少し波打ったようになるかもしれませんがご了承ください」
ということで、製作にかからせていただきました。

波打つとは…?

写真をご覧いただくとお分かりになるかと思いますが
斜めに縫製している箇所が波打つというか、ねじれたようになっています。

アップにしたものがこちら。
斜めののれん波打ち
斜めののれん波打ちアップ

通常、生地の目に対して真っすぐに縫製するところを
斜めに縫製しようとすると、どうしても生地が伸びてしまって
このような形になってしまいます。

ですが、極力ねじれないように細心の注意を払って
製作させていただいておりますので
もし、斜めののれんをご希望の際は、参考になさってください。

続いて「チチの柄」について。

こちらはのれんの仕様といいますか
今まで私の中になかった概念?発想です。

関東風のれんのチチは無地というイメージしかなかったのですが
あるお客様がご注文されたのれんがチチにも柄がついていたのです。

こんな感じです。
チチの柄
チチの柄2
チチの柄3
可愛くないですか?♪

個人的には、とても可愛くてお気に入りです(´∀`*)

何年もやっていると、考え方も凝り固まってしまいますね。
このようないろいろなご要望もお待ちしておりますので
何でもご相談くださいませ。

以上、オーダーのれんドットコムの長倉でした。

のれんをご検討中の方はこちら
http://www.order-noren.com/noren/index.html

<関連記事>
「関東風のれんのチチ」
「スリットの長さ・重なり」
「関西風のれん袋加工の切り込み」
「各割れの丈・幅」
 日除けのれん「上下の加工を替える」「ハトメの追加」「強風対策」
「スリットの隙間」「糸の色」



店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事