このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > のれんの印刷 > 昇華転写で写真を印刷してみよう

昇華転写で写真を印刷してみよう

2018年08月22日
皆さんこんにちはオーダーのれんドットコムの小形です。

昇華転写と本染めの違いはいくつかありますが、
中でも昇華転写の大きなメリットとして写真がきれいに印刷できるというのがあります。

今回はそんな写真を使用して生地に印刷した際にどのように表現されるのか、

こちらの果物の写真を用いて比較してみました。

バンテン
弊社売れ筋の生地です。落ち着いた風合いです。
生地の目も詰まっているので写真もしっかり再現できます。



アップ 青リンゴの斑点まで表現できているのがわかります。


厚手スラブ
横に走るスラブが特徴の厚手の生地です。
バンテンと比較すると生地の目が若干粗いですが、そこまで気にならないぐらいです。



アップ バンテンと比べると細かな模様が飛んでしまっています。


麻風スラブ
麻の風合いがある生地です。生地の目が粗めの為、高精細な画像の表現は苦手です。
どちらかというと、家紋やピクトグラムといったマーク中心のデザインにお勧めです。



アップ ぼやーっとしていますね。白い部分もほとんど飛んでしまっています。


麻風生平
麻の風合いを残しつつも、麻風スラブより目の詰まった生地です。
麻風スラブと比較してこちらのほうが画像向きです。



アップ 麻風スラブと比較すると細かく表現できていますが、やはり白い部分は苦手そうです。


いかがでしたでしょうか。今回は目の粗い生地を中心に紹介しました。
バンテン・厚手スラブ・麻風生平・麻風スラブの順番で画像がハッキリと見えますね。

売り出したい商品の写真等、画像が主役の暖簾を作るなら一番表現力のあるバンテンがお勧めです。
逆に画像は雰囲気さえ伝わればいいなら、生地の質感重視で選んでいいと思います。

どのような暖簾を制作したいか、目的に応じて参考にしてみてください。

以上、オーダーのれんドットコムの小形でした。


店長 ブログランキングへ
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事