このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 日除けのれん > 撥水クロスの日除けのれんはいかが?

撥水クロスの日除けのれんはいかが?

2018年06月26日
オーダーのれんドットコムの店長 福本です。

この時期は毎日ジメジメしますね。
自転車で通勤している私は雨の日の通勤に四苦八苦しています。
早く梅雨が開けないかなあと会社に着いて合羽を脱ぐときにいつも思っています。

この梅雨時期に多いお問い合わせが、
「日除けのれんは出しっ放しなのですが、水に強い素材はないですか?」です。

弊社の生地は基本的にどの生地も雨に濡れてもインクが落ちてしまうような事はございませんので、
どの生地でも安心してお使い頂けます。

その中でも完全に雨の染み込まない生地となりますと、ビニール製のターポリンがお勧めです。
ビニール製ですので、水を弾きますし、もっとも丈夫な生地ですので、
耐久性を求める方にはお勧めです。

ただし、ビニール製はお店の雰囲気に合わないので、
どうしても使いたくないとお考えのお客様もいらっしゃると思います。
(下の写真のようにデザインによっては、和風の建物でも違和感はないと思いますが・・・)


そんなお客様には、サイトには載せていない新しい生地「撥水クロス」がお勧めです。
この生地はポリエステル素材の布生地で、元々撥水性能を持たせた生地です。

布ですので、和風のお店にも違和感なくお使い頂けるのでお勧めです。
下の写真は実際に撥水クロスで日よけのれんをお作り頂いたお客様から頂いたものです。


金額はバンテンと同じです。

*ご注文の際はバンテンでご注文頂き「その他要望欄」に「撥水クロス希望」とご記入ください。

ご注文・お見積もりはこちらから
https://www.hata-maku.com/cgi-bin/shopping/index.cgi?c=form&item_pk=18

生地見本をご請求頂ければ、実際の生地を無料でお送り致します。

無料生地サンプルご請求はこちらから↓
https://www.order-noren.com/form/genbutsu.html

撥水クロスは撥水加工の追加費用も追加納期も必要ないので、
雨に強い生地をお探しの方は是非1度お試しください。


関連記事
日除けのれん 〜ターポリンのいいところ〜

オーダーのれんドットコム店長 福本でした。



店長 ブログランキングへ

にほんブログ村 通販ブログへ

にほんブログ村

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:オーダーのれんドットコム店長
ふくもっち



好きなartist:Mr.Children
趣味は  :子供の写真撮影
私の特徴:のんびり屋である
自慢:日本けん玉協会初段

オーダーのれんドットコムを運営しております株式会社ハクロマーク製作所に勤務して10年。窓口業務の前は7年間、のぼりやのれん、旗などの製造に携わっていました。その経験や知識を活かし、現場出身ならではのわかりやすい説明と迅速な対応で、お客様が安心してご注文できるようナビゲートさせていただきます。
<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事